ガンダムがゲレンデをスノーボードで滑走する動画がSNS上で大きな注目を集めている。

この動画を投稿したのはコスプレグループ「ガンダムパフォーマンス隊」代表の生ガンダム(@nama_gundam)さんが投稿したもの。

シールドとビームライフルを手にしたまま白銀の山肌を滑り降りるガンダム…。

そのクオリティーの高さとシュールさに、SNSユーザー達からは「連邦のモビルスーツはここまで性能が凄いのか…!!!」「いつぞやはリフトでポージングファンサービスありがとうございました。連邦とジオンで協力しあって活動なさってるのですね。活動応援してます」「実際ありそうなワンシーン。地上で雪山滑りながら銃撃戦。」など数々のコメントが寄せられている。

ガンダムパフォーマンス隊とはいったいどのような集団なのだろうか?生ガンダムさんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):ガンダムパフォーマンス隊の活動内容についてお聞かせください。

生ガンダム:ガンダムパフォーマンス隊(以下「GP隊」)はガンダム等のモビルスーツやアムロ、シャア等のガンダムの登場人物のコスプレでスキー場で滑走する活動がメインです。あくまで趣味集団で、「自分達も楽しく、その結果他のお客さんも楽しんでくれたらいいな」という趣旨で活動しております。

中将:今回話題になった動画はどのようなシチュエーションで撮影されたものでしょうか?

生ガンダム:普段はGP隊のフィルマー(動画担当スタッフ)が同行し、動画を撮影し、編集の後YouTubeにアップしているのですが、この日はフィルマーが仕事の都合で参加できませんでした。参加した私と撮影者(GM担当)の二人で竜王スキーパークをお互い動画撮影しあう形でアクションカメラで撮影していました。
この動画は昼食前に、ちょっと自分の滑りを確認したいと思い、すぐに動画確認できるスマホで撮影をしてもらいました。昼食を取りながら動画を確認し、目的は達成したのですが、Twitterのコメントに写真だけでなく滑っている所を見たいと言うものがあったので、とりあえずこの動画を見て頂こうと思い、特に深く考えずにTwitterにアップしました。正直、なんでこんなにバズったのか私自身もわかりません。

中将:常にバズる要素は秘めていそうですが(笑)。しかし、この装備でスノーボードするのは大変ではないでしょうか?

生ガンダム:モビルスーツを着てスノボをするのが大前提ですので、コスチュームを設計する時点でスノボの時の動きを妨げない作りになっているんです。普通のウェアでできる事はガンダムを着ててもほぼ全てできます。
とは言うものの、乾燥重量で8kg。盾やビームライフルも含めると10kgをゆうに超え、盾やコスチュームは空気抵抗もかなりあるのですが、私の場合、スノボを始めて3回目でガンダムデビューしているので、ガンダムを着て滑るのが当たり前になっています。コスチュームや盾の空気抵抗も全て「いつも通り」になっているので、いまさら大変だとは感じません。

中将:"趣味"とは言うもののプロフェッショナルなわけですね!日本だけでなく世界中のガンダムファンからコメントが寄せられていますが、今回のSNS上の反響についてご感想をお聞かせください。

生ガンダム:なんでここまで反響があったのかほんとにわかりません。これまでもYouTubeやTwitterに滑走動画をアップした事は何度もありますし、今回の動画がそれらに比べて飛躍的に滑走技術が上がっていた訳でもありません。
強いて言うなら、撮影日が平日でゲレンデが混雑していなかったので、私自身がのびのびと好きに滑れた事と、滑りに集中できていた事くらい。海外の方にたくさん見て頂いたようですが、どなたかはわかりませんが、たくさんフォロワーを抱えているTwitterユーザーさんが何かのきっかけでリツイートしてくれたんでしょうね。

   ◇    ◇

近年、雪不足やコロナ禍の影響でスキー、スノーボード関連業界は大きなダメージを受けているそうだが、今回の動画のヒットが少しでもその回復に作用してほしいものだ。

また、生ガンダムさんは元プロスノーボーダーでスノボ系インフルエンサーとして活躍する谷口尊人さんのコミュニティに属し、スノーボードの魅力を発信する活動を展開中。また「MADぬ我慢」名義で、コスプレイヤーの女子高生が、スノーボードの仮装滑走イベント動画を見たのをきっかけにスノーボードにはまって行くというストーリーの小説を連載している。いずれもたいへん興味深い内容なので、ご興味のある方はぜひチェックしていただきたい。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)