千歳ちゃん(1歳・メス)は、保護猫が産んだ子猫だった。保護主さんの知り合いのNさんが飼い猫コハルちゃんの妹分を探していたので、姉妹のアロハちゃんと一緒にトライアルに行くことになった。ところが、コハルちゃんは、人はいいが猫には厳しいタイプ。Nさんは、うまくいくかどうか気をもんだ。

オモチャには飽きたと仏頂面

兵庫県に住むNさんは、コハルちゃんという猫を飼っていた。コハルちゃんは、蝶よ、花よと大切に育てられたので、たくさんのおもちゃを持っていたが、やがて飽きてしまい不満を募らせていた。顔に出るタイプなので、すぐに分かるという。夫はコハルちゃんを迎えた時から2匹目を飼うことを考えていたが、Nさんも遊び相手になってくれる猫がいたらいいなと思うようになった。

ただ、コハルちゃんは猫が苦手で、トライアルを何度もしたが失敗した。Nさんは、コハルちゃんはひとりっ子が向いているのだろうと諦めていた。しかし、知り合いから「保護した猫が子猫を産んだので、トライアルをしてみないか」という話が舞い込んだ。Nさんは、過去にトライアルに失敗したことを話した上でチャレンジしてみることにした。

トライアルにチャレンジ

2019年10月初旬、黒猫の子猫2匹の同時トライアルが始まった。アロハちゃんと黒ちゃんを夫婦で迎えに行った。

「初めからコハルをストーキングしたのが黒ちゃん、今の千歳でした。コハルはアロハちゃんの方が気になっていましたが、想いは最後まで通じず2週間でお別れとなりました」

マンションの規約で頭数制限があり、どちらか一方しか迎えることができなかったが、アロハちゃんもとても可愛いく、人が大好きな子だった。

千歳ちゃんは、最初から走りまわり、Nさんは元気すぎて驚いた。しかし、他の家では隠れたまま出てこず、トライアルが終了したという。コハルちゃんに付きまとうほどコハルちゃんのことを慕っていたので、コハルちゃんが受け入れれば上手くいくと思えた。Nさん夫妻は、2019年10月末、生後4カ月の時に黒ちゃんを迎えることにした。

マイペースの天然ちゃんだからうまくいく

コハルちゃんは軟便気味で、健康に不安があることもあり、Nさん夫妻は黒ちゃんに健康で長生きしてもらいたいと思い、千歳ちゃんという名前をつけた。

千歳ちゃんには鳴き癖があったので、近所迷惑にならないか心配した。鳴き癖は健在だが、今のところ苦情は来ていないという。

コハルちゃんは迷惑そうにしているが、一緒のベッドで寝たり、追いかけっこをしたり、1匹だった頃に比べて覇気が感じられるという。

「千歳は良い意味でマイペース。鈍感なので、神経質なコハルとでも上手くやっていけるのかなと思います。怒られても、怒られてもストーキングしています(笑)」

千歳ちゃんは、コハルちゃんが先輩というのは分かっているが、オモチャの横取りが得意。

最近になってようやく少しだけ我慢ができるようになった。千歳ちゃんは、いつも家族を笑わせてくれるので、家の中がとても賑やかになったという。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)