49年に渡り阪神電鉄大阪梅田駅の改札横で営業してきた「カレーショップミンガス」が4月26日、閉店することが分かりました。

 SNS上には閉店を知ったファンらが「えっ、ミンガス閉店か!」「ミンガスなくなるの?」と騒然としましたが、閉店後は西口に移転することが発表されると一様にホッとした様子でした。

 今回の閉店と移転は阪神電鉄大阪梅田駅の改修工事にともなうもの。新店は店内スペースを拡張し、阪神尼崎名物「阪神そば」の出汁を踏襲したうどんやそばも提供されるという驚きの展開も判明。担当者は「ハイブリット店舗の開店です」と意気込んでいます。

 「カレーショップミンガス」は1972年12月、「カレーショップ阪神」として運営を開始。カレーのレシピは当時、神戸在住で船のコック経験者だったシェフに伝授してもらったそうです。

 1日当たりの乗降客数約16万人といわれる巨大駅の改札真横という立地から、店のこだわりは「お待たせしない、とにかく早い、大きなスプーンで手早く食せる」。付け合わせの白菜ピクルスのファンも多いようです。

 担当者によると、店の常連客からはさみしいという声はあるものの、生まれ変わる新店への期待を口にする人も多いといいます。

 運営会社はサカイ(大阪市北区)。阪神電車沿線駅で「元祖 大阪梅田ミックスジュース」のほか、「メアリルボーン」「二万翁」「阪神そば」などの飲食店を運営しています。

   ◇   ◇

▽カレーショップミンガス(4月26日まで)
住所:大阪市北区梅田3丁目大阪駅前地下街7号
営業時間:平日7:30〜20:00、土曜7:30〜20:00、日祝8:30〜20:00(時短営業中)
定休日:なし

(まいどなニュース・金井 かおる)