飼い主さんらしき人が眠そうな猫ちゃんのお腹をなでると、短めのお手手で顔を「むぎゅー」・・・そんな瞬間を撮った動画を見て癒やされる人がTwitterで続出しています。動画には17万超のいいねがつき、再生回数も160万回を超えました。さらに、猫ちゃんのしぐさにくぎ付けなった人からは「あまりの可愛さに意識飛びそうになったわ...」「猫好きの心を むぎゅー」「むぎゅーの間に挟まりたい」などのコメントも寄せられています。

この癒しの動画を投稿したのは、飼い主の「短足のしらす魚」(@shirasu_nya)さん。猫ちゃんの「むぎゅー」を撮影したときのお話を伺ってみました。

「むぎゅー」したのはマンチカンの女の子、しらすちゃん

――お顔を「むぎゅー」していた猫ちゃんのお名前は「しらす」ちゃんとのこと。お年はいくつですか?

短足のしらす魚さん:「6月で2歳になるマンチカンの女の子です。しらすは珍しいパステルカラーと背中の♡マークがチャームポイント。ちょっと食いしん坊な足の短いもふもふなねこです」

――撮影していたときは、しらすちゃんは寝ていたんですよね。

短足のしらす魚さん:「ベッドに座ってテレビを見ていたところ、近くに来て寝てくれました。(撮影をしながら)しらすを触り続けていたら、むぎゅーしてくれました」

――しらすちゃんはよく「むぎゅー」をするのですか?

短足のしらす魚さん:「赤ちゃんのときから、むぎゅーするんです。安心しきって、ヘソ天(あおむけ)で寝ているときにちょっとなでてあげると、むぎゅーしてくれます。あとは夢を見ているのか『むにゃむにゃ』と口を動かしながら寝返りをうつときにもむぎゅーします」

「むぎゅー」の間に指を入れると・・・もふっ!?

――「むぎゅー」は、猫好きの心をわしづかみにするしらすちゃんの“必殺技”のようですね・・・。動画を見た方から「むぎゅーの間に挟まりたい」といった声も上がっていますが、短足のしらす魚さんは実際に指や手などを「むぎゅー」の間に入れたことがありますか?

短足のしらす魚さん:「あります! 指をむぎゅーしてくれたときはもう最高でした。しらすは短毛なのですが毛並みのきれいなペルシャの血も混ざっていて。触れると『もふっ』って音がするレベルでなめらかです。感動します!!」

「むぎゅー」のほかにも、猫好きの心をわしづかみする“必殺技”とは?

――私も挟んでみたくなりました(笑)ところで、「ねこむぎゅー」の作り方をYouTubeの動画にあげていますね。一層かわいくなる「むぎゅー」のコツを教えてください。

短足のしらす魚さん:「猫を天井に向けてあおむけになって寝ていることが重要で、横を向いているときにむぎゅーをするとかわいい表情があまり見えません。大きな物音を普段から立てず、その場で安心しきることができる!という環境づくりもポイントです。安心すると大きくむぎゅーをしてくれますよ」

――なるほど、ありがとうございます。「むぎゅー」のほかにも、しらすちゃんのかわいい“必殺技”はございますか?

短足のしらす魚さん:「これから動画を投稿していきますが、『かみふみしたまま寝ること』です。猫の仕草の中で毛布のようなものをふみふみするのは一般的ですが、しらすは毛布をかみながらふみふみします。さらに珍しいのが、かみ付いたまま寝てしまうんです!」

――見たいですね! 動画の投稿を楽しみにしています。そんなしらすちゃんの好きなところをお聞かせください。

短足のしらす魚さん:「全部尊いのですが、わがままで構ってちゃんな性格が気に入っています。おひさまのような香りがすること、もふもふしていて触るとなめらかで癒やされることも最高です」

   ◇   ◇

飼い主の短足のしらす魚さんは、しらすちゃんにひと目ぼれしてブリーダーさんのところからおうちにしらすちゃんを迎えたとのこと。「しらすは、なんと…2回もキャンセルされてたまたま残っていた子らしく、運命を感じました」と振り返ります。また、しらすちゃんはとても「構ってちゃん」で、トイレに行くときもお風呂に入るときも近くまでついてくるそうです。次回は、しらすちゃんの新たな“必殺技”もみられるかも?

(まいどなニュース特約・渡辺 晴子)