性格はまったく違うけど、兄弟のように仲良しな犬くんと猫さまを飼う漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さん。違うからこそ楽しい2匹との生活を描いた新作漫画が、6月6日に発表されて話題です。

 タイトルは「犬と猫どっちも飼ってると、見つめるだけで毎日たのしい」。犬くんと猫さまが見つめたものはなんだったのでしょうか。

 天真爛漫でいつも全力で楽しそうな犬くん。松本さんとふとした瞬間に目が合うと「ニコッ」としてくれます。それだけで幸せな気持ちになるのは「オキシトシンが脳内に分泌されて、ハグされたような気持ちになるから」と松本さんは解説。犬くんは見つめるだけで、人を抱きしめることができる生き物なんですね!

 しかし松本さんがお芋を食べているときに、期待いっぱいの眼差しで見つめてくる犬くんでは、オキシトシンは分泌されない模様(笑)。

 犬くんの漫画を読んで、
「確かに、イッヌからは幸せビームが発せられてる気がします」
「見つめ合う瞬間 お互いの思惑が違うとリアクションも違うのね・・・ おいも美味しそう」
「犬も猫も目でいろんなことを表現してきますよね」
とコメントが集まりました。

 一方、2枚目の漫画で猫さまが真剣に見つめる先には…何もない。猫さまの前に立ち視線を確認する松本さんに対して、あきらかに何かが見えている猫さまは「ひょい〜」と体をのばして松本さんの後方を見ます。そこになにがあるの?こわい。猫さまは、目だけで人を震え上がらせることができる生き物なのでした。

 シブいお顔で壁を見つめ続ける猫さまの漫画にリプ欄は、
「猫さま…!こわいけどかわいいです……!!」
「どっか1点見てるの何なんですかね…犬もありますよね…」
「フェレンゲルシュターデン現象ですね」
「霊媒先生w」
「ねこ様が伸びるのめっちゃ可愛いです。視界を邪魔されると、やりますよね笑」
と、共感する人が続出して、ツイートは7.1万いいねがついています。松本さんに聞きました。

──今回の新作は、犬猫どちらの行動から発想したのかしら?

 どっちでしょう…常に犬と猫をストーカーのように観察しているので、どのタイミングで思いついたのかもわかりません。

──ストーカー(笑)。猫さまには、何が見えていると思いますか?

 小さい虫かな?と思っていますけど、なにかの音が聞こえてるのかもしれませんね。

──猫さまと目が合ったときも、オキシトシンが分泌される?

 何かを要求しているつよいプレッシャーを感じます。

──期待と要求の目では、オキシトシンは分泌されないですね(笑)。犬くんと猫さま同士はどうなんでしょうか。

 見つめ合う、ということはありませんが、鼻チューはちょいちょいしています。かわいい!

──今回もリプライに、ニコニコ犬さんやどこかを見つめる猫さんの写真がたくさん集まりました。

 すごい幸せですし、それをニヤニヤ顔で撮っている飼い主さんのことを想像すると仲間意識がすごいです。

 ◇ ◇

 「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」の漫画は隔週でツイッターに公開されるほか、書き下ろしも収録された全6巻の『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』の単行本が出版されています(7巻が10月に発売決定)。また、2020年10月に放送されたTVアニメ「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」のBlu-rayが10月27日に発売されます(予約受付中)。描き下ろしハートフル絵本のおまけつきですよ。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)