「🐶ま〜そういう難しい話はよせよ」と、愛犬が気持ち良さげに小川につかる姿をツイッターに投稿した、ゴールデンブヒさん(@goldenbuhi2020)。清流の中、温泉を楽しむおじいちゃんのように目を細め、しみじみと川浴を楽しむ犬さんの姿に、「癒された〜」というリプライが殺到しました。

「浸かってるね!」
「あぁ〜…いい水だぁ〜」
「見てて涼しい気分になる♡」
「温泉入ってるみたい!気持ち良さそう」
「頭の上にタオルを乗せたくなります♨︎」
「なんか悟ってますね、修行の成果だね」
「時々鼻息でブクブクするところが最高です」
「くつろぎ過ぎでしょwwwそこの川の主か!(笑)」
 犬「眉間に皺寄せてんなよ。もっと気楽に行こうぜ」
「見てるだけで癒されました」

温泉みたいに川に浸かっていたワンコは、ゴールデンブヒさんの愛犬、ハルくん。もうすぐ1歳半になる、ゴールデンレトリバーの男の子です。

投稿された動画の中でハルくんは、綺麗な水の中に鼻の下までどっぷりとつかり、気持ちよさそうにうっとりしています。まだ1歳半の子犬なのに、その表情はまるで老師のよう。目を閉じてじっくり川浴を堪能するハルくんの姿を見ていると、なんだか本当に、「ま〜そういう難しい話はよせよ」と諭されているような…。

さらに耳を澄ますと、穏やかな川のせせらぎと、遠くでさえずる小鳥の声、そしてハルくんの鼻息が聞こえて来て、癒し系のASMR動画としても楽しめそうです。

そんな癒し度満点のハルくんの川浴動画について、飼い主さんにうかがいました。

 ◇ ◇

__ハルくん、本当に気持ちよさそうに川浴を楽しんでいますね。この動画はお散歩の途中で撮影されたとか。

「朝のお散歩中にハルが川につかったので、何となく撮影しました。お散歩の場所はその日の気分や暑さで決めているので、ルーティーンのルートというのはないですね。近所を散歩するのではなく、車で30分から1時間ほどかけて広い公園等へ行きます」

__6月初めの午前中の木陰の小川……お水は冷たいのですか?

「そんなに冷たくないですよ。飼い主もほぼ毎回一緒に川に入るのですが、靴を履いたまま入るので意外といけます。浜松はこの時期でも暑いんですよ〜」

__ツイッターだけでなく、YouTubeチャンネルでもハルくんが楽しそうに水遊びをしていて、本当に水が好きなのがよくわかります。お散歩ではいつも入りたがるのですか?

「川やプールをじっと見てからこちらを笑顔で振り向くので、それが入りたい時のサインです(笑)。泳ぐのが好きなのと、熱中症対策の両方を兼ねてる感じですね。水を見たら入水するのがハルの流儀なので、私が同行できる場所は必ず一緒に入ります」

__ハルくんはいつもどのぐらいの時間、水の中に浸かっているのでしょうか?

「時間はまちまちですね〜。暑い時は長く浸かりますし、そんなに暑くない時は短めです。今回投稿した動画の時は…3分くらいだったかな? しばらく歩いて川があるとまた入るので、何回も入水しますよ。もちろん私も一緒にお供します(笑)」

__飼い主さんも一緒なら安心ですね。ドッグランのプールで、投げられたおもちゃをハルくんがスイスイ泳いで取りに行く動画もYouTubeで拝見しました。泳ぎもすごく上手なんですね。

「YouTubeをご覧いただきましてありがとうございます! レトリバーだから当然泳げるっしょって感じで、ドッグランのプールや川で数回練習したら、すぐに泳げるようになりました」

__さすが「水鳥猟の狩猟犬」だった、レトリバー種! 暑がりなハルくんは、真冬でも川やプールに入りがたることがあるそうですね。ハルくんのもふもふを乾かすのは大変ですね。

「ただ、乾かす事も大事ですが、マダニが付いていないかチェックする事も兼ねていますので、地肌を見ながら乾かしています。先日、ハルの皮膚に身体半分ぐらいめり込んでいたマダニを見つけて倒れそうになりました。すぐに動物病院で取ってもらいました」

__お家には12歳になるフレンチブルドッグの女の子、さくらちゃんもいらっしゃいますが、さくらちゃんはハルくんのことをどんな風に思っているようですか?

「うざくてかわいい弟、かな?」

 ◇ ◇

同居犬のさくらちゃんのことが大好きで、ボール遊びや、お散歩中に枝を見つけるのも得意なハルくん。大きな枝をくわえて得意気に走るハルくんの姿が、ツイッターにもたくさん投稿されています。

しかし、季節を問わずハルくんが好きなのは、やっぱり水遊び。犬仲間とおもちゃを取り合ってプールではしゃぐのもお気に入りですが、1匹で水遊びをする際はやはり、おじいちゃんのような表情で水につかり、静かに堪能するのが、ハルくんのスタイルのようです。

これからどんどん暑くなる季節。癒し度満点のハルくんの川浴姿を見れば、猛暑の日もちょっぴり涼やかな気分が味わえそうです。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)