コロナ禍のマスク着用で「肌の摩擦」や「温度や湿度の変化」による肌トラブルに悩む人が増えています。マスクによる肌のダメージ解消や肌本来のバリア機能を高めるためには、日頃のお肌の手入れが重要になってきます。そこで今回は「クレンジング&洗顔」と、肌のうるおいを保つ「保湿対策」を中心にお話をしましょう。

マスク着用でなぜ、肌トラブルが起きるのか?

 コロナ時代になり、マスク着用はエチケットになりました。マスクが日常化したため、マスク着用による肌トラブルで悩んでいる人が増えています。

 マスクをつけたり、外したりすることで、肌がこすれたり、摩擦が生じたりして、肌はダメージを受けやすくなっています。その結果「角層が肌を守るために厚くなったり、はがれやすくなったりして、角層のバリアが低下している」と指摘する専門家もいます。

 また、マスクを着用すると、マスク内の温度や湿度はアップします。マスク内で汗が出れば、肌表面に汗がつき、それが刺激となり、肌荒れの原因につながることもあります。反対にマスクをはずすと、水分が急激に失われ、皮膚のバリア機能に影響を及ぼしているとも考えられます。

肌トラブル解消は、日々の手入れにあり!

 お肌に大切なスキンケアとして、美肌を育む「クレンジング&洗顔」があります。クレンジングと洗顔料はどちらも肌の汚れに対応していますが、ファンデーションやメイクアップなどの油性の汚れにはクレンジングを、皮脂や古い角質、ほこり、汗といった水性の汚れには洗顔料を用います。

 つまり、クレンジングでメイクを落とした後に、さらに洗顔料で顔を洗う「ダブルクレンジング&洗顔」をするのが一般的です。

 朝のクレンジングについては、私は肌の状態がオイリーだと思う時は、夜と同じように洗顔に入る前にクレンジングをします。そうでなければ、洗顔に入ります。

 洗顔の前に私が開発したASMアクアパッティングローションを乾いたコットンに染み込ませて、寝起きの顔を拭きとった後、洗顔しています。洗顔の際は洗いすぎを避け、ぬるま湯でやさしく洗うようにしてください。洗顔は顔が全面出るようにして、洗顔料を手の上におき、ぬるま湯(※冷たい水で顔を洗うのは厳禁)で泡立てます。それをオイリーなおでこ、Tゾーン、鼻の周り、あごからおいていきます。

 もう一度、ぬるま湯を入れて泡立て、今度は頬とか、首、耳の裏におきます。力を入れずにゆっくり、中から外に向かって顔を洗っていきます。次に、ぬるま湯で全体をやさしくマッサージしながら洗い流していきます。

 洗い終われば、肌にやさしい柔らかいタオルでタオルドライします。毎日のことだから、朝晩キュキュッと拭き取っていたら肌が痛み、シワの発生が早くなるので、タオルで軽く押さえる程度にしてください。

洗顔後はしっかりと保湿ケアを!

 日々のマスク着用でダメージを受けている肌にはなにより「保湿ケア」が必要です。いま、健康と美容に効果があるといわれる「プロテオグリカン」は高い保湿力をもつことでも注目を集めています。皮膚や軟骨の中に存在していて、肌の潤いやハリを保つために大切な成分です。シワの改善、リフトアップにも期待できます。

 洗顔の後、このプロテオグリカンを塗ってから、化粧水などをつけるのですが、保湿力がすごいので、次の化粧水とか、クリームとかのつなぎにもなります。加えて、超敏感肌やアトピー性皮膚炎の人も使えるので、おすすめです。

 これらをつけた後に、すぐにメイクをするのはやめましょう。ウエットな状態でメイクを始めてしまったら化粧崩れは早くやってきます。最低でも2〜3分、時間をおくと、基礎化粧品が肌に浸透します。表面がもっちり、しっとりした段階でメイクをはじめてください。

 時間がある人は上記に加え、私が考案した「水肌パッティング」をしていただきたいのです。というのも、美肌になる近道だからです。次回はその方法を皆様に伝授させていただきます。ご期待ください。

(トータルビューティープロデューサー・アケミS.ミラー)