近視矯正手術といえば少し前は「レーシック」が盛んに行われていました。これは角膜に特殊なレーザーをあて、角膜の形を変えることで近視を矯正するという手術です。しかし最近は以前ほどレーシックを行わなくなってきました。それはレーシック以外にも屈折矯正の方法が色々でてきたからです。最近増えつつある別の近視矯正手術として、「フェイキックIOL」があります。みなさんはこの方法、耳にしたことはあるでしょうか?

  「フェイキックIOL」とは、虹彩(茶目)と目の中の水晶体(レンズ)の間に人工のレンズを挿入して、近視や乱視を矯正するという方法です。レーシックのように角膜の表面を削るわけではないので、レーシックの適応がない強度近視の方や角膜が薄い方も行うことができます。また万が一術後に不自由を感じた場合は、レンズを取り出すことでもとに戻すこともできます。

  「フェイキックIOL」の手術自体は短い時間で傷みなくできるものですが、自分の水晶体のすぐ上に人工物を挿入する手術です。手術を受けることで、人工のレンズに起因する白内障が急激にすすむことがあり、また感染を起こすリスクがあります。もしも白内障がすすんでしまった場合には、フェイキックIOLを取り出せば問題なく手術を受けることができます。

 またレーシックは手術の過程のほとんどをコンピューターで管理された状態で行うので、正直手術の結果に医師の技量はあまり関係ありませんでした。しかしフェイキックIOLはすべての工程を術者が自分の手で行います。医師の技量により結果が変わってくるということなりますので、手術を受ける場合は「安さ・お手軽さ」を売りにしている病院でなく信頼できる医師のいるところで受けることをおすすめします。

◆窪谷日奈子 医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。