褒められて嫌な気分になる人はいないし、お礼を言われると気持ちが弾むもの。スーパーのレジ打ちの人の手際の良さに、お客様相談室にたくさんほめ言葉をメールしたら丁寧な返事が来てこっちもうれしくなったー。そんなツイートが3万超のいいねを集めて話題です。感謝やねぎらいの言葉をお店にしっかり伝える→働く人たちの励みになってやりがいにつながる→良いことだらけでみんなハッピー。褒め言葉から始まるそんなサイクル、素敵ですよね。よーし、今日から褒め倒すぞ!

ツイッターユーザーのはる夫(@hal0220)さんが、とあるスーパーマーケットでの体験とともに、スーパーから届いたメール画面を投稿。「私までうれしくなったのでこれからも軽率に褒めていこうとおもう」とツイートすると、「私も実践していこう」「できそうでなかなかできない」「これって今の日本に大事なこと」「素敵な考え方と前向きな行動力」などと共感・賛同が拡散しました。

サービス業の経験があるユーザーでしょうか、「チェックアウト後の部屋に残されたメモに『綺麗な掃除ありがとう、良い旅になりました』ってあるとこの仕事してて良かったなぁって気になるよ」「お客様相談室とかお客様アンケートって、どうしてもマイナスなことに使う人が多いと思うんだけど、こういうお褒めの言葉がやってくると、涙が出るほどうれしい」などの反応がありました。

お店ははる夫さんが普段使うスーパーで、休日のお昼時でした。週に一度、かごに山盛りになるくらいまとめ買いをしていますが、たまたま選んだレジ打ちの人は、チェック後のカゴへの積み込みがスマートかつスムーズ! 重い商品を下に軽い品物を上にするだけでなくて、お客さんが買い物袋に入れ直すことを考慮されており、袋詰めが驚くほど早く終わりました。背筋がすっと伸び、はつらつとした女性だったそうです。

感激がやまず、はる夫さんは「レジの方の手際がいい、積み込みが上手、大きな袋の渡し方が的確でびっくりした、次も今回の人がいたらそこのレジに並びたい」とスーパーの運営会社にメール。すると、「メールを朝礼やミーティングで紹介しました」「本人も大変喜んでいます」「従業員の励みになります」と、丁寧な文面の中にも喜びが隠しきれないような返信が届きました。関西出身のため、買い物終わりの「ありがとう」は当たり前というはる夫さんに聞きました。

―レジ打ちの方、すごかったんですね

「商品の扱い方も丁寧で素早くびっくりして見ていました。お肉類は汁漏れすると困るのでサッカー台にある袋に入れるのですが、大きなパックだとサッカー台の袋に入りきらないですよね。でも、こちらがお願いする前に大きな袋をすっとかごに入れていました」

―感激のあまりメールも

「レジの方のすごさを会社に届けたかったです。大きな企業だと個人の良さってあまり伝わりにくいものだと思うので、『御社にすごい人いますけど知ってた!?』という重くない内容です」

―普段からそんなメールを

「いいことがあればすぐにメールしちゃいます。今回の件、なんだかめちゃくちゃいい話みたいに広がって困惑しているのですが、私は聖人君子でもなんでもないです。自分が褒められたらうれしいから、みんなもそうやろ!いつか自分に返ってくると信じて普段から褒めるのは手を抜かないぜ!というセコい考えのもとの行動です。いつもは返信いらないという欄にチェックを入れているのですが、今回はどうやら返信がほしいにチェックしてしまったみたいで…手間かけさせちゃったなと反省です。でもいただいた文章がとてもアツかったのでツイッターに載せちゃいました」

―ツイッターでも盛り上がっています

「みなさんからお褒めの言葉をいただいたので、ああこれこれ普段からやってたことが返ってきた!という気持ちです(笑)。知らない人を褒めるって知らない人をたたいたり文句言うよりずっと気持ちいいし、使った分のエネルギーはどこかからか返ってきたり勝手に湧いたりすると思います。これを機にみんながまねしてくれたらうれしいです」

―接客業とみられる人たちのコメントもあります

「飲食店で働いたことがありいろんな思い出があります。嫌なことも多いと思いますが、悪いことばかりじゃない。きっと誰かがその人の頑張りを見ています。今はコロナで特に大変だと思いますが、その人その人のお仕事で助かった人がたくさんいて、私も助けられています。できる範囲で無理をしないでいきましょう」

 ◇ ◇

はる夫さんは元保護猫の「虎次郎」(2歳・オス)を育てており、日常をアカウント(@torajiro190518)で発信しています。天真爛漫ないたずらっ子で甘えん坊、来客には飼い主より先にあいさつするという人間大好き猫とのこと。ばんえい競馬ファンのはる夫さんは毎年5月、虎次郎の名前を入れた「愛猫虎次郎○歳お誕生日記念」という協賛レースを欠かさないそうです。「かわいい虎次郎も軽率に褒めてください!」と話しています。

(まいどなニュース・竹内 章)