5歳になるメスの柴犬、ハルさんと暮らす漫画家、石原 雄さん(@K5dbZRmjNe77i5r)。愛犬のハルさんをモデルにした柴犬と、クールな女子高生が終末世界を巡る、石原さんの漫画『世界の終わりに柴犬と』は、犬好きさんたちからも絶大な人気を誇る作品です。

そんな石原さんがツイッターに投稿したオリジナル漫画「柴犬を実際に飼う前と後とでの認識の補正」に、柴犬飼いのみなさんから爆笑と共感のリプライが殺到。7月28日現在、5.4万のリツイートと、26.3万の”いいね”がつくなど、大きな話題を呼んでいます。

「全てが当てはまりすぎるw」
「しばいぬあるあるある」
「④のわかり味が過ぎる」
「オヤツを持った時だけ従順!すごくわかります♪」
「程よい距離感わかる」
「ほどよい とは程遠く とおーーーいーー(笑)」
  「⑤ 用があるならお前がおいで」←我が家の場合
「ほんとにその通りです。柴犬を飼われる方は騙されないように」
「そこがかわいいんですよね! きっと!」
「全部ひっくるめて柴犬はかわいい♡」

多くのリプライも寄せられた漫画「柴犬を実際に飼う前と後とでの認識の補正」には、8項目のオモシロ&可愛い柴犬の<現実>が描かれています。

①「飼い主に従順」

柴犬は、飼い主に従順な日本犬……のはずですが、実際はかなりマイペースさん。飼い主がおやつを持った時のみ「従順」になるという漫画に、「共感しかない」という声が多数寄せられています。

②「年に二回 想像以上に毛が抜ける」

長毛種と異なり、柴犬はトリミングやカットの必要がなくてラク!と思いきや、実は普段から抜け毛がとても多く、とくに換毛期は漫画の通り、「想像よりをはるかに超えて毛が抜ける」。「もっさ もっさ」と抜けた毛の山からは、もう1匹柴犬が爆誕しそうです。

③「落ち着きがある」

いつも陽気でハイテンションな洋犬にくらべると、柴犬はクールで「落ち着きがある」イメージ。しかしその実態は、「すぐに冷める」。「もっとアツくなれよー」と言いたくなる犬仲間の気持ちがわかる気も……。

④「警戒心が強く勇敢」

縄張り意識や警戒心が強く、見慣れないものや知らない人に対して全力で威嚇する柴犬は番犬としても優秀……なはずですが、実際は、「なにこれ!なにこれ!」と、やる気はあれど内心ビクビク。「そ〜〜〜っ」と近づき、「ビビりなくせにつっかかる」のがリアル柴犬スタイル。

⑤「程よい距離感」

縄張り意識や自立心の高さから、大好きな飼い主に対しても一定の距離を置きたい柴犬。通称『柴距離』と呼ばれるその距離感は、柴たちにとっては「程よく」ても、飼い主にとっては「大抵遠い」。もうちょっとこっちに「おいでー」と飼い主が呼びかけるも、「もう来てますが?」と思っている模様。

⑥「ベタベタと触られるのが苦手」

程よい距離感を大切にする柴犬は、「ベタベタと触られるのが苦手」。しかし、飼い主さんやお気に入りの人からの「よーし よし よし」はやっぱり大好き。苦手なはずのなでなでも、「身内は大概許される」のです。

⑦「他の犬とあまりからまない」

警戒心が強くマイペースな柴犬たちは、「他の犬とあまりからまない」。とはいえ、実は「からみ方がわからない」だけで興味津々。柴距離をキープしつつ、「でもガン見はする」のが柴犬マナーです。

⑧「感情をあまり表に出さない」

きりっとした顔つきからか、柴犬は「感情をあまり表に出さない」印象も。しかし、散歩中にしばしば発動されるイヤイヤ顔を例に出すまでもなく、実際は意思や感情が、「すごく顔に出る」犬。とくに、ごはんやおやつ、「おさんぽ!」にワクワクする笑顔はものすごく可愛い!

   ◇   ◇

石原さんが今回投稿した漫画『柴犬を飼う前と後の認識の補正』に描かれた柴犬あるあるには、「柴とパグじゃこんな違うんですか……」と驚く犬飼いさんの声も。かと思えば、「②と⑥以外はうちのトイプーも一緒」「ミニチュアシュナウザーも毛の話以外はだいたいこんな感じ」「うちのハスキーと同じ」と、犬種を超えた共感のリプライも殺到しました。

また、「うちの柴犬も同じ!」という声とともに、リプ欄にはさまざまな柴犬たちのおもしろ可愛い写真も多数寄せられ、大いに盛り上がりました。

主人に従順で忍耐強く、勇敢でクールなイメージの柴犬。しかし実際の柴犬は、実にマイペースで感情豊かな、面白くて可愛い相棒。

これからも石原さんが描く、柴犬あるある漫画が楽しみです!

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)