出産を控えているママにとって、必要な作業である「出産準備」。赤ちゃん用品を揃えたり、出産前後のママに必要な物を購入したりと、準備しなければならないものが意外にも多いですよね。実際、育児に関する各メディアを見てみると、出産準備リストとして数十個にも及ぶアイテムが並んでいます。しかし、実際に出産を済ませたママたちに話を聞いてみると「案外使わないものばかりだった」といった声が多いようです。

出番がほとんどナシ!?出産準備で買わなくてもよかったもの

出産準備として確保したものの、意外にもいらなかった…といった声が多かったのは以下のアイテムです。

【赤ちゃん用品】

・ベビー枕
・おむつ用ごみ箱
・おもちゃボックスなどの収納グッズ
・ミトン
・ベビーベッド

【ママ向け用品】

・授乳パッド
・授乳ケープ

ベビー枕は、「折り畳んだタオル」でも代用できる上に、「そもそも枕を嫌がる」といった声もありました。

また、おむつ用ごみ箱や収納グッズは専用のアイテムを購入しなくても、「不要な段ボール」「紙袋にまとめておく」などで対応できます。

赤ちゃんが顔を引っかかないようにするためのミトンについては、「赤ちゃんが顔を引っかくことがない」「自分で外してしまう」などの理由から一度くらいしか使っていないというママが非常に多いです。

ちなみに、ベビーベッドは「購入したもののほとんど添い寝だから使わなかった」という経験をしたママが大半です。産後はヘトヘトなので、夜泣きのたびにベビーベッドへ足を運ぶのも辛いのかもしれません。

なお、ママ向けのアイテムについては、授乳パッドの代わりにガーゼを使用したり、授乳ケープの代わりに大きめのストール(もしくはタオルケット)で代用可能。あえて専用のアイテムを購入しなくても問題ありません。

使用期間が数カ月の物は代用したほうがいいかも?

出産準備品として必須となるアイテムも、使用期間が数カ月程度であれば他で代用したほうがいい場合もあります。例えば、沐浴に使用するベビーバスは、「衣装ケース」で代用可能。主に使用する期間も1〜2カ月程度と短いので、身近なもので代用したほうが経済的にメリットが大きいでしょう。

一般的に「出産準備に必要」と言われているアイテムは多いですが、本当に必要なのか、レンタルや他で代用できるものはないかなど一度考えてみるといいかもしれません。

   ◇   ◇

出産が初めてのママの場合、「あれも必要かも、これも必要かも…」と入念に準備することが多いです。しかし、必要最低限のものだけを揃え、あとは必要に応じて買い足す程度でも問題はありません。

近年は通販やオンラインショッピングも充実しているので、「やっぱり必要だった」と思っても、簡単に購入することができます。出産を控えているママは、ぜひこれを機に「必要なものリスト」を見直してみてはいかがでしょうか。

(まいどなニュース特約・長岡 杏果)