神戸北野の異人館が建ち並ぶ一角にある名門・神戸北野ホテル。洋館風ホテルで、料理をメインとする宿泊施設付きレストランとして、その名は日本だけでなく世界中に知れ渡っています。ここ神戸北野ホテルでは、「ディナーの余韻に浸り、ゆったりとくつろいだ時間の中で眠りにつき、豊かな時間に包まれて迎える朝に待つ食事」としての豪華な朝食の評価が高く、「世界一の朝食」と呼ばれるほどです。

これまで神戸北野ホテルでは、「ホテル空間とサービスとともに美食を味わっていただきたい」というこだわりがあったそうですが、コロナ禍で外出・外食がままならないことから、7月よりECサイトにて素材にこだわったホテルグルメの販売をスタートさせました。

神戸北野ホテルならではのハイレベルな料理セットを様々に展開していますが、筆者は『BREAKFAST&DINNER set』(2名分・税込12690円・送料別)をオーダー。ここで試食・レビューし、後半では総支配人・総料理長の山口浩さんにも話をお聞きしました。

■焼く・温める・盛り付けるといった最低限の仕上げだけで超一流料理をいただける!

届いた『BREAKFAST&DINNER set』を見てビックリ。2名分という記載ですが、自家製コンフィチュール、自家製グラノーラ、自家製アーモンドペースト、神戸牛赤ワイン煮込(2個)、神戸牛ハンバーグ(2個)、アッシェパルマンティエ(2個)、パン(2種)と、かなりボリューミーなセットとなっていました。

いずれも焼く・温める・盛り付けるといった最低限の仕上げを行うだけで、贅沢な朝食とディナーをいただけるという寸法です。よく見れば、いわゆる冷凍食品のそれとはまるで違い、一つ一つ丁寧に手作りされていることも、この時点ですでによくわかりました。さっそくメニューごとの仕上げを行い、いただきたいと思います。

■質・量ともにどれを取っても超リッチな 『BREAKFAST&DINNER set』

開封時に感じた通り、かなりボリューミーなセットですが、同時に各素材の良質な香りも感じることができます。

まず神戸牛赤ワイン煮込からいただきましたが、トロトロに煮込まれながらも煮崩れしない絶妙な柔らかさの神戸牛のコクのある風味が口の中に広がります。肉の臭みは一切なく、鮮度と質が良いことがすぐにわかりました。

さらに神戸牛ハンバーグと、アッシェパルマンティエもいただきます。神戸牛ハンバーグも赤ワイン煮込同様、肉の臭みが全くせず、一噛みするごとに、その旨味がジュワーっと口の中に広がります。正直、ここまでうまいハンバーグを筆者は食べたことがありません。どうしてこんなにうまいのかと思うほどの衝撃を覚えました。

続いて、アッシェパルマンティエは、繊細にマッシュされたじゃがいもをベースにしたもので、中にはこれまた鮮度の良い良質な牛肉のミンチが入っています。同梱されていたパンとの相性も抜群で、ついつい手が伸びてしまう逸品です。

また、「世界一の朝食」に欠かすことができない自家製グラノーラ、自家製コンフィチュール、自家製アーモンドペーストのいずれも、他では口にしたことのないハイレベルなクオリティ。まさに神戸北野ホテルならではのリッチな味を堪能することができました。

■「プロの作る料理をパーソナルに楽しみたい」といったニーズに呼応してECをスタート!

質・量ともにかなりリッチな『BREAKFAST&DINNER set』でしたが、これはかなりの衝撃で、チルド製品が多い「お取り寄せ食材」の概念をはるかに超えるクオリティだと思いました。仮に飲食店で同等の食事をしようと思えば、おそらく12690円では収まらないのではと思うほどです。この点から見ても食通、美食家の方なら十分納得できるものだと思います。

最後に神戸北野ホテルの総支配人・総料理長の山口浩さんに、神戸北野ホテルの変遷と、今回のECの展開についてお聞きしました。

「神戸北野ホテルは1992年、女性デザイナーによって『イギリスのマナーハウスをそのまま日本に持ってきた』というコンセプトで作られました。しかし、1995年の震災の影響により休館しました。

1992年、ときを同じくしてフランスから帰国した私は、当時フランスで最も有名なレストランの1つだった『ラ・コート・ドール』の世界初のブランチ(神戸店)のシェフとして活動していましたが、1995年の震災で同じく撤退を余儀なくされました。

このような同じ背景のハードと人が出会い、新たな取り組みとして2000年に神戸北野ホテルがリニューアルオープン。『オーベルジュ』という『食べる』ことに特化したコンセプトのもと、バラエティ豊かなアイテムをご提供してきました。

今回、コロナ禍をきっかけに、『人と人を結ぶ外食の機会を奪われたが、ごく親しい仲間や家族とプロの作る食事をパーソナルに楽しみたい』というセグメントが急速に増えました。我々、食に携わるプロ集団としてお客様の要望に応えるべく、今回のECをスタートさせた次第です。

今後もより多くのお客様のご要望に応えれるような商品の展開を考えています。ハレノヒの食事以外でも、ごく日常的なお料理の提供や高齢者世帯でも手軽にご利用いただける商品などを展開していきたいと考えています」(神戸北野ホテル・総支配人/総料理長 山口浩さん)

様々な食材をレビューする筆者ですが、数多くある「お取り寄せ食材」の中でも『BREAKFAST&DINNER set』には相当なポテンシャルを感じました。山口さんのお話にもある「ハレノヒ」以外の食材にも期待大です。神戸北野ホテルのECサイト、チェックしてみてください!

(まいどなニュース特約・松田 義人)