雑木林で鳴いていた子猫

ルチルちゃん(3歳・オス)は、千葉県に住む松田さんの家の近くの雑木林の中で鳴いていた。助けを求めていたのだろうか、小柄な子猫なのに大声だった。

2018年7月、松田さんは近所の人の家に行く途中、たまたまルチルちゃんの鳴き声を耳にした。ずっと鳴き続けているので気になって近所の人に相談すると、その人は猫を飼っていたので、慌ててチュールを持ってきてくれた。

2人がかりで保護しようとしたが、ルチルちゃんは警戒してなかなか近寄って来ない。松田さんたちが近づくとシャーシャー威嚇したので、手の届くところまで近づけずにいた。真夏の太陽が照りつける中で1時間が経とうとしていた頃、やっと手の届くところまでやってきたので、首根っこをぎゅっとつかんで捕獲、保護したという。

すっかり猫好きに

ルチルちゃんと出会うまで、松田さんは完全な犬派だった。しかし、精一杯声を張り上げて鳴いているルチルちゃんを見て、保護することしか頭になかった。

「うちには先住犬が2匹いたのですが、ルチルを見ると『うわ〜、小さくて可愛い』とでも言うように尻尾を振って迎えてくれました。うまくやっていけそうだったので、そのまま飼うことにしたのです。犬とは違う猫の魅力を感じて、今は猫を2匹飼っています」

ツンデレのギャップにやられて

ルチルと名づけたのは、天然石ルチルクオーツのようなきれいな目をしていたから。

ルチルちゃんのお腹には寄生虫がいて、ノミもたくさんついていたので、動物病院で駆除してもらった。保護当時わずか1kgだった体重が、ぐんぐん成長して今では6.2kgに。ふわふわの可愛い子になった。犬たちがまるでお母さんのように接したので、あっという間に松田家になじんだ。

ルチルちゃんは、普段はあまりベタベタするのを好まない。とても怖がりで、来客があるとさっと隠れてしまう。しかし、気が向くと家族にはデレデレしてくれるので、松田さんはすっかりギャップ萌え。ルチルちゃんの虜になったという。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)