「保安庁に連絡しても対処出来ん、消防に連絡しても対処出来ん、キリン海に飛び込みます(*`・ω・)ゞ」とつぶやき、ツイッターに写真を投稿したケミカルタンカー船の船長代理兼一等航海士のキリンさん。

そこに写っていたのは、岸壁に停泊中の大きな貨物船の最後部…プロペラの後ろに付いたラダーと呼ばれる「舵」部分、海面スレスレのわずかなくぼみに身を寄せ、怯えた目でこちらを見ている猫ちゃん!

リプ欄には、「舵の付け根ですか。泳いで行ったとしか思えませんねぇ」「どうしてこうなった?」と、うっかり足を滑らせたら…もし船が動いたら…と、想像するだけでゾッとする猫ちゃんの様子に震える声が殺到しました。

「船に帰ってびっくり、え? 何しよん? 今から救出作業にはいる!!」とツイートしていたキリンさん。そして、「海に飛び込みます(*`・ω・)ゞ」と投稿後、キリンさんは船員さんたちとの見事な連携で猫ちゃんを確保。

その後、「無事救出完了しました(*`・ω・)ゞ」とつぶやくと、「どちらも無事で良かった!」「猫の恩返しがあるはず!」と、キリンさんと猫ちゃんの無事を喜ぶリプライが寄せられました。

「(海に)落ちちゃったか捨てられちゃったかだと思います」「落ちるような港ではないんですけどね」「泳げるような場所じゃないんですよね」と、ツイートしていたキリンさん。化学物質を輸送するケミカルタンカー船の船長代理兼一等航海士であり、海上サバイバル訓練の経験も持つ、船と海のことを熟知したプロだからこそ出来た的確な救出劇について、キリンさんにお話を伺いました。

落ちれば海、貨物船の舵部分に捕まり怯えていた猫を救出

ーー写真の状況を発見されたのはどんなタイミングだったのですか?

「猫ちゃんがいたのはキリンが乗っている船なのですが、買い物から帰船した時、ラダー(舵)部分に、ロープか何かが引っかかっているように見えたんです。近づいてみると写真の通り、猫がしがみついていました。もともと自分が猫好きということもあり、まさか野良猫がこんなところに落ちるとも思えなかったので、飼い猫ではないのか? 故意に落とされたのではないのか? という思いもあって、念のために撮影をしました」

ーーラダー部分に物が引っかかったり、動物がいるのはよくあること?

「ラダーは船のいちばん後ろ側…プロペラの後ろに付いているのですが、ここにロープや漂流物が引っかかることは稀にありますが、動物がいたのは初めてですね…」

ーー「『空船』『仮バース』の時で良かった」とツイートされていましたね。

「『仮バース』とは、公共岸壁に船を係留して休むこと、『空船』とは、船に荷物や物資などを積んでいない状態のことを言います。もし荷物を積んでいる状態ですと、今回猫ちゃんがしがみついていた場所は海中まで沈んでいました…」

ーー避難できる場所があって良かった…。こういう状況を発見した際、まずは海上保安庁に連絡するのが手順なのですか?

「まず保安庁、そして消防になります。今回は対応してもらえないとのことでしたので、本船を所有する会社の社長に連絡し、救出作業で海に入る許可を得ました。

海に入る前の安全対策として、まずは見張り兼救出要員として、部下3人を招集。そして、船と陸上側から、ロープ数本と救命浮環を海上に下ろし、体温調節のために船で水道水を浴び、水中での体温低下防止をした後、泳ぎやすい服装に着替えて入水しました」

ーー海と船のプロによる万全の安全対策と許可を得た上での救出だったのですね。しかも、救出後に投稿されていたキリンさんの後ろ姿もすごく屈強!

「仕事柄、力仕事も多いので勝手に筋肉がついちゃいますね(笑)。学生の頃は筋トレしてました。あと、泳ぎは得意です!幼少期にはスイミングスクールにも通ってました。いや、通わされてました(笑)」

ーーケミカルタンカー船の船長代理兼一等航海士のキリンさん。船の仕事の醍醐味は?

「水産高校に入ったことが船に乗るきっかけなのですが、やはり天気、潮流にはいちばん気を使います。自然相手の仕事なので、気圧配置等は毎日見ています。日本の物流のほとんどが船で行われていることからも、胸を張れる仕事だと思っています」

ーーちなみに泳いで救出に向かわれた際、猫ちゃんはおとなしくしていましたか?

「シャーと言ってましたが、わりとおとなしくて、思ったより早く捕獲できました。保護した後、海上から買い物かごをロープで下ろしてもらい、その中に猫を避難させ、陸上にいた仲間に引き上げてもらいました。

恐怖を覚えている猫を無理に抱こうとすると、暴れたりひっかいたりしてくる可能性があり、海でそういう状況になると猫の命に関わるので、かわいそうですが、親猫が子猫を運ぶ要領で確保し、立ち泳ぎをしたまま買い物かごに入れて避難させました」

ーーさすが猫好きのキリンさん!近くで見た時の猫の様子は?

「すごく毛並みも綺麗な子で、傷ひとつなかったです。なので、飼い猫ではないのかなと思いました」

ーー「救出した猫ちゃんはよほど怖かったのか一目散に逃げました!」「救出後の写真撮れなかったです汗」とツイートされていましたね。

「猫ちゃんも死ぬような目にあってよほど怖かったのかなと(苦笑)。すぐ逃げられちゃったのは寂しいですが、強く生きてもらいたいです! 」

 ◇ ◇

運良く発見され、船と海のことを熟知したプロたちの的確かつ安全な行動で、無事に救出された猫ちゃん。救出後は一目散に逃げてしまったそうですが、キリンさんにもらった強運をバネに、無事に飼い主さんの元に戻れることを祈るばかりです。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)