歴代興収1位の400億円超を記録した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の地上波初放送。「CMが多い」「各駅停車」というツッコミはさておき、仲間を守るために命を燃やす炎柱、煉獄杏寿郎の熱い生き様があらためてファンを泣かせました。興奮冷めやらぬ中、落ち葉アートの煉獄さんをツイッターユーザーが絶賛しています。「風でブワッと散った時を思い浮かべ、昨夜の煉獄さんの散り際と重なって涙」「なにこれ色味も素敵」「また泣けてくる」。煉獄さん、あんたカッコ良すぎるよ…。

川崎市にある若宮八幡宮・金山神社(俗称かなまら様)公式(@kanayamajinja)さんが、「煉獄さん…」と放送に合わせて投稿した一枚の画像。掃き清められた境内で黄色や赤の落ち葉アートで表現された煉獄さんがファンの心をとらえ、1万超リツイートされ4万以上のいいねがつくなど瞬く間に拡散しました。「(落葉の如く)人は、儚いからこそ美しい」「赤の混ぜ方が絶妙!」「炎の呼吸 零の型 落葉掃き!」「素敵です。心が燃えました」「芋を燃やせ!」「職務を全うされましたか…」とユーザーは大喜びです。

落ち葉アートは、若宮八幡宮・金山神社禰宜の町田喜江さんと助勤神職の女性が作りました。町田さんは煉獄さん、助勤神職の方は冨岡義勇さんのファン。2人は全集中で15分ほど掃き集め、10分で制作。特に赤く色づいた葉を集める苦労したそうです。町田さんに聞きました。

 ―落ち葉の煉獄さんが素敵です

「実は落ち葉アートは昨年2020年11月23日のものです。巫女達の間でも人気の作品で、皆が映画を見に行った段階で話題も盛り上がり、年末年始進行が始まって忙しい時期でしたが、落ち葉アートに挑戦したら掃き掃除も楽しく出来そうだね、とやってみました」

―何と

「当時もツイートしたのですが、あまり話題になりませんでした。昨日(25日)の無限列車編をリアルタイムで拝見していたので思わず再度ツイートしてしまいました。朝起きて予想外の反響に驚いているところです」

―「よもやよもやだ」ですね。あらためて煉獄さんの魅力を

「月並みではありますが煉獄さんの魅力は言葉一つ一つの重みです。私達大人の心にも響く、どんな事があろうと前を向いて少しずつでも進もうと思わせてくれる言葉です。多忙な時期には心を燃やせ!と声を掛け合いながら頑張っています」

―いずれ消えゆく落ち葉アートのはかなさを煉獄さんに重ね合わせるコメントもありました

「あの落ち葉アートは2日ほどそのままにしました。近所の子どもや参拝者さんが『煉獄さんだ』と喜んでくださるのがうれしかったです。崩れ始めた段階できちんと掃き集めてお焚き上げいたしました。今年は、また煉獄さんと、色合い的に我妻善逸くんにチャレンジしてみたいです」

「金山神社は川崎宿の飯盛り女(遊女)に厚く信仰されていた鞴(ふいご)の神様なので、今後放映される遊郭編も、制作されるであろう刀鍛冶の里編も楽しみにしています」と町田さん。今年秋は、煉獄さんと加えて、主人公・炭治郎の鬼殺隊の同期、我妻善逸の落ち葉アートにチャレンジするそうです。

10月31日には、若宮八幡宮で「神社de献血」(午前10〜11時、正午〜午後4時)があり、神奈川県限定「神社de献血オリジナルスタンプ帳」配布されます。献血への協力者には記念御朱印が授与されます。お近くの方はぜひどうぞ。

(まいどなニュース・竹内 章)