愛猫さんをモデルに創作漫画を描く「キュルZ @2巻発売(@kyuryuZ)」さんの「ネコを移す」漫画が話題です。

 漫画は、主人公のフータくんがデスクにやってくるところから始まります。ワークチェアをくるっと回すと、シートの上にマンチカンのキュルガちゃんがくつろぎ体勢で寝ていました。チェアに座って作業をしたいフータくん。“ぬでん”と力を抜いて横になるキュルガちゃんをリラックスした状態のまま「どこかに移せないかな」と考えます。

 そっとキュルガちゃんと椅子の間に手を入れて、キュルガちゃんをすくいあげるフータくん。そのままの姿勢のキュルガちゃんの体は、手の隙間からこぼれ落ちそう。それでも、そのままそ〜っとテーブルの上に置かれたクッションにキュルガちゃんを移動することに成功しました。「よし。うまく移せた」と思ったフータくんでしたが…

 「むく」と伸びをしたキュルガちゃんは、結局去って行ってしまうのでした。

“ぬでん”のまま移すの、わかる

 リプ欄には、「猫あるあるですね!(ぬでん)」と飼い主さんの椅子や布団でくつろぐ猫さんたちの可愛い写真がずらりとならんでいます。

「毎度、ネコの柔らかさがよく伝わってくる… 仕方ないからこういう時膝の上に乗せたりします。まあすぐにどっか行っちゃうんですけど(笑)」
「温もりがあるからそこで寝てたのに、別の場所に移されると『なんか違う』ってどっか行くのわかる」
「あるある!しょうがないから、他の椅子(デスクチェアよりショボいスツールとか)を持ってきて、そちらに人間が座る。しもべは、おネコ様には勝てませぬ。」
「猫は液体なので両手で掬うのが一番ですね。」
「ぬでんまで至った猫を移設先でもぬでんさせるのは容易ではない……」
「同じくこの移し方やるなぁ〜」
「猫飼ってる人は、1度はやった事のある行為…未だ成功せず。」

リプ欄のコメントには、今回も思わず共感してしまう内容と、こぼれ落ちそうなネコ描写に感嘆の声があがりました。ツイートは2.4万のリツイートと13.5万以上の“いいね”がついています。

 リラックスしたネコを移動するのは難しい…ワークチェアに座ったフータくんは、キュルガちゃんの温もりを感じながら思うのでした。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)