「今年初のストーブに喜ぶニャンズと、初めて火を見て怖がるねんね」とつぶやき、2枚の写真をツイッターに投稿した、たぬKIKIさん(@tanutanu_cat)。そこに写っていたのは、今季初のストーブの稼働に喜ぶ先輩猫ちゃんたちと、その様子をカーテン越しに怖々見ている新米猫ちゃんの姿。

リプ欄には、ストーブ前でごろごろする喜びをまだ知らない子猫の姿を愛でる声がたくさん集まりました。

「"ねぇちゃんたち、怖くにゃいにょか?火だじょ!"とか思ってそう」
「ストーブの良さを知る者とこれから知る者ですね」
「ドヤ顔のベテラン勢、ビビり顔の新米、どっちもかわいい」
「こっちで暖まりなぁ」

生まれて初めての「ストーブ」と「火」を怖々見守っていた新米にゃんこは、たぬKIKIさんのお家の末っ子猫、ねんねちゃん。今年の春、たぬKIKIさんの娘さんご夫妻に保護された、生後約半年ほどの保護猫の女の子です。

ねんねちゃんは、飼い主さんの服をリメイクした術後服を着た姿でも話題になったころんちゃんを始めとする3匹の先輩女子猫ちゃんたちと一緒に、たぬKIKIさんのお家で仲良く暮らしています。

生まれて初めて「ストーブ」を経験したねんねちゃんは、ストーブ前に集う3匹の先輩女子にゃんこたちの姿をどんな風に見ていたのか? 飼い主のたぬKIKIさんにお話を伺いました。

ーーリビングの素敵なストーブ、薪ストーブですか?猫ちゃんたちもストーブの稼働を楽しみにしているのですね。

「はい、薪ストーブです。ストーブの季節になると、ストーブ周りでヘソ天で寝たり、炎をジーッと見つめる猫たちが見られます。猫たちのお気に入りの場所です」

ーー毎年ストーブを稼働される時期は?

「基準は特にありませんが、猫たちが寒そうだなと思ったら着けます。例年だと、11月になってから点火するのですが、急に寒くなったので、急遽稼働させました」

ーーたぬKIKIさんがお住まいのところはもうかなり冷えますか?

「山にうっすら雪が積もったので、かなり冷え込みました。朝晩は寒いです」

ーーねんねちゃんは「ストーブ」も「火」も生まれて初めてだったのですね。

「先輩猫3匹は待ってましたとばかりにストーブ前に集まり、リラックスしていましたが、生まれて初めて火を見たねんねは、カーテンの後ろに隠れてしまい、ヒョコッと顔を出し見ていて、可愛くて笑ってしまいました」

ーー生後間もない頃に保護されたねんねちゃんは、先輩猫ちゃんたちとすぐに仲良くなれたのですか?

「ねんねは保護した後も元気いっぱいで、他の猫たちともすぐに仲良くなりました。甘えん坊なところと、ニャーと鳴けずに、ピャーピャーと鳴くのが可愛いです」

ーーストーブの火が小さくなった後は、ねんねちゃんもストーブに興味津々だったみたいですね。

「恐る恐るストーブを覗き込んで、しばらく不思議そうに見ていました。暖かいとわかったかな?」

 ◇ ◇

朝晩がめっきり寒くなり、猫がストーブの周りに集う季節になりました。全国の猫ちゃんたち、今季もストーブの周りでくつろぐ、幸せな姿をたくさん見せてくださいね。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)