後藤真希が⾃⾝10年ぶりとなる写真集「ramus」(2970円、講談社)を2021年11月29日に発売します。モーニング娘。として13歳でデビューしてから22年。アイドル時代を経て、ひとりのアーティストとして、⼥性として、さまざまな経験を重ねオトナになった今だから表現できる「⾃分らしさ」。36歳、後藤真希のありのままの姿、素直な想いを1冊に凝縮させています。       

「オトナになった今が、⼀番飾らない⾃分でいられる」 そんな想いを抱いての、ほんの少しのエスケープ。 開放感に満ちた空間で、光を浴び、⾵を感じながら⾃らを解き放った姿を追っています。                   

奇跡の36歳の圧倒的透明感

夏のある⽇プールではしゃぎ、朝⾷のフルーツをほおばるチャーミングな様⼦、バスタイムのピュアな姿を見せるリラックスタイム.....。 奇跡の36歳とも語られる圧倒的透明感! ⼥性が憧れる、その輝きを存分に感じられる、スペシャルな写真集です。

肩の力を抜いた楽しい撮影でした

【後藤真希コメント】
約10年ぶりの写真集。36歳になった私がまた1つ作品を残せる事を嬉しく思います。そして、今回この一冊を自分自身でみて、今までの私よりもっとナチュラルに自然な私で居ることに気付きました。肩の力を抜いて、沢山笑って、とても楽しい撮影でした。是非沢山の方に手にとっていただけたらと思います。

 写真集「ramus」見どころについて
・10年ぶりの写真集! エターナルな「ゴマキスマイル」で魅了
モーニング娘。としてアイドル道の真ん中を歩んできた後藤真希が、オトナの魅⼒を放つ美しい写真たちを収録。当時を彷彿とさせる、少⼥のような無邪気な笑顔はもちろん、ぐっと艶やかなオトナの表情まで、多彩な輝きを楽しめる⼀冊です。

・タイトル「ramus」は後藤真希⾃らが発案!
タイトル「ramus」はラテン語で「枝」の意。⼥性にも⼈気の⾼く、後藤真希⾃⾝も⼤変関⼼を持っている占い「四柱推命」によると、彼⼥の星は「花」。「⾃分の星が花」であるならば、これまで後藤真希を⽀え、愛してくれているすべてのファンは彼⼥を照らす太陽であり、育ててくれる⼟であり、⼼に潤いを与える⽔だと感じている、との思いでタイトルに想いを巡らせる中、たどりついたのがこの「ramus」。愛情という養分を得て、これからも少しずつ、枝葉を広げるように成⻑していきたいという感謝の気持ちが込められています。

・オール撮り下ろし! 朝の真希、そして夜の真希。さまざまな表情が満載
⼥性誌をはじめ第⼀線で活躍するフォトグラファー菊地泰久⽒が撮影を担当。本⼈がすべてのセレクトにも参加した⾐装やヘアメイクなど、「いま」をリアルに感じる⾼いビジュアル度を誇るフォトブックです。