就職先や転職先を選ぶ際に「福利厚生」を重視するという人も多いのではないでしょうか。福利厚生が充実している会社は「働きやすい」「社員を大切にしている」というイメージがありますよね。働く男女501人に「あったら嬉しい福利厚生」について聞いたところ、「家賃補助・住宅手当」が1位になりました。

株式会社ビズヒッツが2021年10月、男性266人、女性235人に聞きました。質問の前に「現在の勤務先の福利厚生に満足しているか」を聞いたところ、「満足」「まあ満足」と答えた人が合わせて56.7%に。続いて「具体的にどんな福利厚生があれば嬉しいか」を聞いたところ、1位の「家賃補助・住宅手当」のほか、2位「特別休暇」、3位「旅行・レジャーの優待」といった内容が続きました。上位の結果と具体的な内容は以下の通りです。

【1位 家賃補助・住宅手当】
・寮の手当はあるのにアパートの手当はないので(20代男性)
・持ち家での出費が苦しい。賃貸だけでなく、持ち家への補助も欲しい(30代男性)
・給料が安いので、住宅補助があると助かります(40代女性)

【2位 特別休暇】
・アニバーサリー休暇やバースデー休暇がほしい。子どもの誕生日やイベント時に休めると、子どもも喜ぶしありがたい(20代女性)
・誕生日や結婚記念日などに特別休暇がほしい。心身をリフレッシュするのに役立つから(30代男性)
・誕生日や記念日など「自分にとっての特別な日」に休暇があると、さらに特別な気がして嬉しいと思います(40代女性)

【3位 旅行・レジャーの優待】
・家族で気軽に旅行したいから(30代男性)
・仕事に関係のない旅行・レジャーの補助があると「充実した福利厚生の会社」という印象を受けるし、利用すればお得感が得られる(40代女性)
・テーマパークの割引チケット。毎年家族で行くから、割引があるとありがたい(50代男性)

【4位 社員食堂・食事補助】
・昼食手当・社員食堂・お弁当など。昼食代が浮くと、貯金が増えてありがたいから(20代女性)
・10年前まであった社員食堂を復活させてほしい。手軽に便利に食事できるから(40代男性)
・社員食堂またはお弁当。低価格で栄養のバランスの良い食事を摂りたい(50代女性)

【5位 スポーツクラブの利用補助】
・ジムを利用したくても、会費を考えると足が遠のく。割引で利用できれば取り組みやすい(20代男性)
・運動不足を感じているため(30代女性)
・健康の意識付けやジム通いのハードルが下がるため、行きやすい環境になると思うからです(40代男性)

   ◇   ◇

なお男女別に集計してみると、男性の1位はダントツで「家賃・住宅補助」に。女性の1位は「特別休暇」で、2位の「家賃・住宅補助」とは僅差でした。男性では女性に比べ「スポーツクラブの利用補助」の順位が高いのが目立ったほか、女性では「生理休暇」が4位に入っていました。

調査した同社によると「全体的には『社員食堂や保養所などの施設(ハード)』よりも『手当・休暇・割引サービス(ソフト)』を希望する人が多い印象」だったとのことです。