「『顔が通れば大体すり抜けられる』という猫界で精通する情報を鵜吞みにしてしまった猫の末路…」とツイートしたのは、「みにら日記‐MINIRA‐Diary‐」(@minira_diary)さん。そこにはドアの隙間に顔がはさまって、変顔になった猫のみにらちゃんが写っていました(汗)くにゃんと情けない顔になったみにらちゃんに、「猫って普通ヒゲで入れるか調べてから入るんだが…猫じゃないんじゃないかね」、「悲しそうな顔よwww」と、リプライが殺到して大賑わいになりました。

「いんやこりゃぁ可愛すぎるタレ目になってるうわぁぁい好きぃ」
「この目が可愛い(๑´ω`๑)♡キュン」
「ウチの子たちは顔でグリグリ押し開けて部屋に入ってきてます」
「可愛すぎて鼻血出る」
「そこからが頑張り時なんやで。顔をな、ンンッと押し込んで、片方の肩を入れたらあとはグイッとな、体を入れ込むんや。何事も経験やから、頑張りぃやあ」

いったいどうしてこんなことになってしまったのか、この後みにらちゃんはどうしたのか、飼い主さんに聞いてみました。

ーーこれはどこのドアなんですか?これ以上開かないのでしょうか。
「トイレの入り口のドアになります。もちろんまだまだ大きく開きます(笑)」

ーーみにらちゃんは隙間が好きなんですか?通り抜けて見たい欲求があるのでしょうか。
「狭い所を顔から突き進んでいく行動をよく目にします(笑)」

ーーヒゲは通ったけど、ほっぺが通らない?しばらくこのままむぎゅむぎゅやっていたのでしょうか。
「何回かすり抜けようとするうちにドアが開いてきて、最終的には余裕をもってすり抜けていました!」
ーー顔を引こうと思っても戻らないなんてことにはなりませんでしたか?
「それはなかったですね(笑)すぐにいつものみにらに戻っていました!」

   ◇   ◇

みにらちゃん、元の可愛いお顔に戻れてよかったですね!猫のみなさん、あまり無茶な冒険はしないようにしましょう。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)