「ねぇ!いま何ページなの?」

法事で読経していたら檀家の女の子から突然の質問……

お坊さんの身に降りかかった“カオスな法事”の体験談がSNS上で大きな注目を集めている。

「今日のご法事がとてもカオスだったので皆さんにも伝えたいが140文字じゃ伝わらない。

お経本配布し皆さんと読経をしてたら御焼香のタイミングで皆さんページ数が分からなくなったようで、4歳の女の子が読経中の私の真横まで来て『ねぇ!!いま何ページなの???』と聞いてきて笑ってはいけない法事。」

この体験談を紹介したのはぜんG坊主さん(@76together)。

初めて法事に参加した女の子の知的好奇心はとどまるところを知らず、お母さんに止められながらも「ねぇ!神様なの?この人神様?」「あのキラキラのは?」「なんで誰も喋らないの?」と質問を連発。ぜんG坊主さんは読経後にその質問にすべて答える形で法話をして、一同爆笑のうちに法事を終えたということだ。

ぜんG坊主さんのユニークでほっこりするこの体験談に、SNSユーザー達からは

「ちょ…愛おしい法事は初めてかもしれない。」

「うちの5歳はお坊さんみて
『あの人、おじぞうさん!?』
って言ってました(笑)」

「なんと可愛らしい。
でも、お母さまはヒヤヒヤものというか、胃に穴が開きそうになったでしょうな。
いやはや、皆様お疲れ様です…」

「小さい子には初めて尽くしで分からない事が多いですよね。でも湿っぽいより親族にちゃんと若い子がいて場を和やかしてくれる方が素敵です。故人も微笑む法要とかいいなあ(´- `*)」

など数々のコメントが寄せられている。

ぜんG坊主さんにお話を聞いた。

−−女の子が話しかけてきた際のご心境をお聞かせください。

ぜんG坊主:話しかけられる事はたまにあり、僧侶からすれば法事でのあるあるなので何とも思いませんでした。ページが分からないんだな、私が工夫しなきゃだなと反省した次第です。

−−法事でこのようなハプニングはよくあるのでしょうか?

ぜんG坊主:とくに小さなお子さんがおられる場面では日常茶飯事です。さほどトラブルとも思っていません。ツイートでも申しましたが、子供が騒ぐのは当たり前と捉えていますので、あとは私の腕の見せ所と僧侶として気合を入れるのみです。

−−この他にも印象的なハプニングはあるでしょうか?

ぜんG坊主:少人数の法事で読経終えて振り返ったらご家族全員就寝中だった事ですかね(笑)。流石に笑ってしまいました。

−−これまでのSNSの反響をお聞かせください。

ぜんG坊主:まさかここまでバズるとは思ってませんでしたが、多くの方がいわゆる仏事と何処かでご縁がある事を実感できたので、仏教を現場で伝える為のモチベーションが上がり、やる気が湧いています。

◇ ◇

女の子の心に、ぜんG坊主さんのありがたい法話がいつまでも残ってくれるよう願いたいものだ。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)