大東建託株式会社は、埼玉県の駅および自治体を対象にした「街の住みここち2022ランキング<埼玉県版>」をこのほど発表しました。埼玉県居住の20歳以上の男女3万5595人を対象に聞いた調査で、住みここち1位の駅には「浦和(JR京浜東北線)」が選ばれました。また、住みここち1位の自治体には「さいたま市浦和区」が選ばれたそうです。

埼玉県に居住する人に、今住んでいる駅と自治体について「生活利便性」「交通利便性」「行政サービス」など8つの項目について評価してもらって作成したランキングで、2019〜2022年の4年にわたって集めた回答を集計しているといいます。また駅のランキングは、駅徒歩15分以内に居住している回答者が30人以上の駅を、自治体ランキングは回答者が50人以上の自治体を対象にしているそうです。

なお、近接駅を統合しており、2つ以上近接駅を統合した場合は、駅名の後にA(area)を付記し、以下のように表記しています。「本川越A:川越市・本川越」「南越谷A:新越谷・南越谷」

住みここちが良い駅のトップ3は2年連続で、1位「浦和」、2位「さいたま新都心」、3位「本川越A(川越市・本川越)」でした。トップ10内では、7位に「浦和美園(昨年11位)」、9位に「北浦和(昨年14位)」、10位に「航空公園(昨年24位)」がそれぞれ昨年から順位を上げてランクインしたそうです。

また、住みここちの良い自治体の1位は、4年連続で「さいたま市浦和区」、2位も4年連続で「さいたま市中央区」、3位は、2年連続で「さいたま市大宮区」でした。トップ10内では、8位に「さいたま市北区(昨年11位)」、10位に「戸田市(昨年15位)」が昨年から順位を上げてランクインしたといいます。

   ◇  ◇

なお、住みここちの良い駅について「生活利便性」「交通利便性」「行政サービス」など、住みここちに関わる8つの因子別のランキングは以下のようになりました。

▽「生活利便性」1位:さいたま新都心
▽「交通利便性」1位:さいたま新都心
▽「行政サービス」2位:土呂
▽「親しみやすさ」2位:越谷レイクタウン
▽「防災」1位:大宮公園
▽「静かさ治安」2位:大宮公園
▽「物価・家賃」15位:つきのわ
▽「自然・観光」3位:大宮公園

また、住みここちの良い自治体についての因子別のランキングは以下の通りです。

▽「生活利便性」1位:さいたま市大宮区
▽「交通利便性」1位:さいたま市大宮区
▽「行政サービス」1位:さいたま市浦和区
▽「親しみやすさ」1位:さいたま市浦和区
▽「防災」2位:さいたま市浦和区
▽「静かさ治安」12位:鶴ヶ島市
▽「物価・家賃」4位:鶴ヶ島市
▽「自然・観光」10位:川越市

   ◇  ◇

なお、今回の調査では、2022年のみの回答(1万802人)を集計した、埼玉県居住者の「住みたい街ランキング」もあわせて発表されています。

住みたい街(駅)の1位は、昨年2位の「浦和」、2位は、昨年1位の「大宮」、3位は、昨年4位の「横浜」で、順位変動はあるもののトップ5の顔ぶれは同じという結果だったそうです。

また、住みたい自治体の1位は、昨年2位の「さいたま市浦和区」、2位は、昨年1位の「さいたま市大宮区」、3位は2年連続で「武蔵野市」、4位には、昨年10位の「東京都港区」が順位を上げてトップ5入りしたそうです。

   ◇  ◇

【出典】
▽いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<埼玉県版>」