猫は自分の名前がわかっているという研究結果もあるそう。飼い主さんが名前を呼ぶと「ニャ〜」と返事をするコも多いですね。ですが鳴き声ではなく、しっぽで返事をする猫さんの漫画「しっぽで返事」が投稿されて共感を呼んでいます。しかも、しっぽの振り方に気持ちが出ちゃうみたい…。

 漫画を投稿したのは、愛猫さんをモデルに創作ネコ漫画「夜は猫といっしょ」を描くキュルZ(@kyuryuZ)さんです。キュルZさんのツイッターフォロワー数は74.3万人を超えるほど、多くのファンが新作漫画を楽しみにしています。

フータくんが名前を呼ぶと、しっぽを優しく「ファサッ」

 もふもふの柔らかそうな体を横たえて、気落ち良さそうに眠るマンチカンのキュルガちゃん。主人公のフータくんが「キュルガ」と呼びかけると、ちょっぴり目を開けて、そのままの姿勢でしっぽだけをファサッと動かします。

「しっぱで返事をしてるみたい」と、妹のピーちゃんに言うと、羨ましくなったピーちゃんが私もと「キュルちゃ〜ん」と呼びかけました。

ピーちゃんが名前を呼ぶと、イライラした様子で「バタバタビチビチ」

 すると…バタバタビチビチと激しくしっぽを床に叩きつけるキュルガちゃん。さっきフータくんが呼んだときと反応がぜんぜん違う。しっぽが落ち着いたところを見計らって、ピーちゃんはもう一度「キュ〜ルちゃん」と呼びます。するとまたイライラとした様子で激しくしっぽを振るキュルガちゃん。どう見てもイライラがしっぽに出ちゃっているのに、返事をしてくれたのが嬉しいピーちゃんは満足そうなのでした。

 この漫画に「うちの子もしっぽで返事します!」と共感しつつ、「なぜピーちゃんにはいつも塩対応」なんだと、フータくんとの返事の差に注目が集まりました。

「うちとぴーちゃんと同じくww うちもてんちゃーんて呼んだら畳にベシベシ。段ボールにもボコンボコン。当たり強いねん笑笑」
「私もバタバタされる(イライラ)タイプの返事だった 相当ネコに迷惑行為したから嫌われて当然(^_^;)」
「うちの猫も父親と母親が呼んだ時はファサなのに、私が呼ぶとビチビチ返事する…なんでなの…こんなにビッグビッグラブなのに……」

猫を愛しているのにピーちゃんと同じような態度をされちゃうという飼い主さんのコメントも続々。なかには「え、かわいい うちなんて、その気がなければガン無視ですよ(泣)」と、さらに上をいく人もいるようです。

「イライラしつつもしっぽで返事をしてくれているのか
イライラで動いちゃったしっぽがお返事みたいになっちゃってるのか」

と、分析するフータくん。でも、ピーちゃんが呼んだからではなくて、何度も名前を呼ばれたからキュルガちゃんがイライラしちゃったんだよね、ピーちゃん。

※漫画「夜は猫といっしょ」が2022年夏にアニメになります! キュルガちゃんの“たるん”が動くなんて楽しみですね

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)