大東建託株式会社は、兵庫県の駅および自治体を対象にした「街の住みここち2022ランキング<兵庫県版>」をこのほど発表しました。兵庫県居住の20歳以上の男女3万196人を対象に聞いた調査で、住みここち1位の駅には「夙川(阪急神戸線)」が選ばれました。また、住みここち1位の自治体には「芦屋市」が選ばれたそうです。

兵庫県に居住する人に、今住んでいる駅と自治体について「生活利便性」「交通利便性」「行政サービス」など8つの項目について評価してもらって作成したランキングで、2019〜2022年の4年にわたって集めた回答を集計しているといいます。また駅のランキングは、駅徒歩15分以内に居住している回答者が30人以上の駅を、自治体ランキングは回答者が50人以上の自治体を対象にしているそうです。

※なお、ランキング内では近接駅を統合して集計しており、2つ以上近接駅を統合した場合は、駅名の後にA(area)を付記し、以下のように表記しています。
「神戸三宮A:三ノ宮・神戸三宮(阪急神戸線)・神戸三宮(阪神本線)・神戸三宮(神戸高速鉄道東西線)・三宮・花時計前」「明石A:明石・山陽明石」「神戸A:高速神戸・神戸・ハーバーランド」「花隈A:西元町・花隈・みなと元町」「岡本A:岡本・摂津本山」「元町A:元町(阪神本線)・元町(神戸高速鉄道東西線)・元町(JR東海道本線)・旧居留地(JR東海道本線)・大丸前」「須磨A:山陽須磨・須磨」

兵庫県の住みここちが良い駅の1位は、4年連続で関西屈指のお屋敷町の「夙川(阪急神戸線)」で、唯一偏差値70台で安定した高い評価を得ています。2位は昨年7位の「さくら夙川(JR東海道本線)」、3位は昨年4位の「苦楽園口(阪急甲陽線)」で、トップ3はいずれも西宮市にある駅という結果に。トップ10内では、昨年は回答者数が30人未満だったため集計対象外だった「阪神国道(阪急今津線)」が8位にランクインしたそうです。

また、住みここちの良い自治体の1位は3年連続で高級住宅地の「芦屋市」、2位も3年連続で「西宮市」です。3位は「神戸市灘区」が昨年から一つ順位を上げています。トップ10内では、10位に「神戸市須磨区(昨年11位)」が順位を上げてランクインしているものの、それ以外の自治体の顔ぶれは同じで大きな変化は見られなかったそうです。

   ◇  ◇

続いて、兵庫県の住みここちの良い駅について「生活利便性」「交通利便性」「行政サービス」など、住みここちに関わる8つの因子別のランキングは以下のようになりました。

▽「生活利便性」1位:神戸三宮A(JR東海道本線)
▽「交通利便性」1位:新在家(阪神本線)
▽「行政サービス」1位:苦楽園口(阪急甲陽線)
▽「静かさ治安」1位:苦楽園口(阪急甲陽線)
▽「親しみやすさ」1位:苦楽園口(阪急甲陽線)
▽「物価・家賃」1位:林崎松江海岸(山陽電鉄本線)
▽「自然・観光」1位:苦楽園口(阪急甲陽線)
▽「防災」1位:西神中央(地下鉄西神・山手線)

また、住みここちの良い自治体についての因子別のランキングは以下の通りです。

▽「生活利便性」1位:神戸市中央区
▽「交通利便性」1位:神戸市中央区
▽「行政サービス」1位:加古郡播磨町
▽「静かさ治安」1位:河辺郡猪名川町
▽「親しみやすさ」1位:神戸市東灘区
▽「物価・家賃」1位:神崎郡市川町
▽「自然・観光」1位:赤穂市
▽「防災」1位:河辺郡猪名川町

   ◇  ◇

なお、今回の調査では、2022年のみの回答(8155人)を集計した、兵庫県居住者の「住みたい街ランキング」もあわせて発表されています。

兵庫県の住みたい街(駅)の1位は、4年連続で「西宮北口(阪急神戸線)」、2位も4年連続で「神戸三宮A(JR東海道本線)」で、安定した人気を得ているといいます。3位には昨年4位の「明石A(JR山陽本線)」、4位には昨年3位の「神戸A(JR山陽本線)」、5位には昨年7位から「姫路(JR山陽本線)」がランクインしており、3位〜5位はいずれもJR山陽本線沿線の駅が選ばれていたそうです。

また、住みたい自治体の1位は、4年連続で「西宮市」で、3.6%の高い得票率を得ています。2位は「明石市(昨年3位)」、3位は「神戸市中央区(昨年2位)」がそれぞれランクイン。4位は「神戸市東灘区(昨年5位)」、5位は「芦屋市(昨年4位)」と続き、今年から全国の自治体を対象として集計しているものの、トップ5は全て兵庫県内の自治体となっており、顔ぶれに変動は見られなかったそうです。

   ◇  ◇

【出典】
▽いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<兵庫県版>」発表