「寝たフリ!」というつぶやきと共に、黒柴たろう(@07tarou09)さんがツイッターに投稿した写真が話題です。そこに写っていたのは、お散歩中に道端でフセをして「拒否柴」を発動した黒柴のたろうくん…が、なんだか楽しそうな表情で「寝たフリ」をしている姿!その可愛い「寝たフリ」に、「癒される顔」「おお!なかなかの高等技術だねぇ」「いつの間にそんな芸を」と絶賛のリプライが殺到。飼い主さんにお話を聞きました。

「拒否柴」の新技「寝たフリ」

楽しそうな表情で「寝たフリ」をしていたのは、もうすぐ10歳になる黒柴の男の子、たろうくん。お散歩は好きだけど、たろうくんはあくまでも自分のペースで歩きたいタイプ。おかげで、「減速」と書かれた道路の上で「拒否柴」を発動した姿でも話題になりました。そんなたろうくんが発動した「寝たフリ」という新たな「拒否柴」について、飼い主さんにお話を伺いました。

そーっと目を閉じました…

ーー「寝たフリ!」のたろうくん、舌がぺろっと出ていて、なんだか笑っているみたいに見えて可愛いですね。これは朝のお散歩での出来事だったのですか?

「はい。朝の散歩です。散歩が終盤に近づいて疲れたのかも…」

ーーこの日のたろうくんはなぜフセの状態で「拒否柴」に…?

「飼い主にリードを引っ張られても、フセの状態になった方が動かない…ということをわかってるから?かもしれません」

ーー賢いですね(笑)。この日はお目々をつぶっていたたろうくんですが、まさに文言通りこれは、「寝たフリ」をしていたのでしょうか?

「最初は目が開いてたのですが、『帰るよ』と言ったら…そーっと目を閉じました」

ーーなんと(笑)。

「これには笑ってしまいました」

ーー撮影後、「寝たフリ」をしていたたろうくんに、どんなふうにお散歩の続行を説得されたのですか?

「説得はいつも通り、『帰ったら美味しいオヤツあげるよ』です」

◇ ◇

飼い主さんによると、「柴犬らしく頑固なところはありますが、優しい性格だと思います。おっとりしていて、見ていて癒されます。ボールを投げても無視です(笑)」という癒し系の柴犬、たろうくん。歳を重ねるごとにマイペースぶりに磨きがかかっているというたろうくんのため、時間に余裕があるときは飼い主さんも、たろうくんのペースに付き合ってあげるそうです。そんなたろうくんが編み出した、癒し度満点の「寝たフリ」という「拒否柴」。優しくておっとりしたたろうくんにぴったりの「拒否柴」と言えそうですね。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)