「まるで絵画のように美しかった」

さまざまな名所をカメラに収めているひらゆいさん(@yuiphoto2)のまるで絵に描いたような写真が話題です。ひらゆいさんに聞きました。

以前にも、まいどなニュースでは、「千と千尋の世界観」のような山形・銀山温泉の写真を取り上げさせていただきましたが、今回ひらゆいさんが撮ったのは、岐阜県関市板取にある“名もなき池”、通称“モネの池”です。

話題の撮影スポットで撮られた、見事な写真

透き通った水とその中に佇む睡蓮の花が美しく、まるでフランスの画家クロード・モネの代表作「睡蓮」のように見えることから、「モネの池」と呼ばれている同池。

池の中を優雅に泳ぐ鯉や、豊かな森の自然も合わさって、何と見事な景色でしょうか。風景写真でありながら、まるで本物の名画のようです。

ツイートのリプ欄でも、絶賛の声が相次いでいます。

「鯉に透き通った水に全部が美しいです」
「私も家族で行きましたよ、小さい池だけどめちゃくちゃ綺麗ですよね!」
「保存していいですか」
「個人的行きたいスポットNo.1です…ひらゆいさんの投稿でもっと行きたくなりました」

また、「モネの池何回も行って写真撮っているけどキレイに撮れない…」というようなコメントも。実際、撮影スポットとして有名な同所ですが、鯉がうまく具合に泳いでいなかったり、水面が綺麗に写らなかったりして、思ったような写真にならなかったという場合もあるようです。

ひらゆいさんのカメラの腕前やセンスもあって、このような最高の写真になっているのですね!

ひらゆいさんに聞きました。

――今回、「モネの池」を訪れた理由は?

ひらゆいさん:岐阜県に行く予定があったためです。

――今回撮影に用いた機材は? カメラの種類なども教えてください。

ひらゆいさん:SONYのα7Cというデジタル一眼カメラを使用しています。

――撮影時に心がけたこと、工夫したことなど教えてください。

ひらゆいさん:鯉がベストの位置に来るのをカメラを構えながら待ちました!!

――他にも近辺で良い写真は撮れましたか? またどのような風景でしたか?

ひらゆいさん:周辺ではモネの池のみ撮影しました。

  ◇  ◇

日本各地の素晴らしい風景を撮影されているひらゆいさん。

今後撮りたい写真についておうかがいしたところ、「四国へ海の見える風景を撮影しに行きたいです」とのことでした。

どのような素晴らしい絶景を紹介してくれるのでしょう。今後のひらゆいさんのご活動にも注目です!

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・竹中 友一(RinToris))