「出会ったときはわりとワイルドキャットだった。大人になってもまんまる◎」というコメントとともに投稿された写真が話題になりました。ツイートにつけられたハッシュタグは「#保護猫ビフォーアフター展」です。顔つきが全く違う2枚の写真に「気持ちがほっこりしました」とコメントが殺到しました。

 写真をツイートしたのは、「(TANItter)(@tnm201x)」さん(以下、飼い主さん)。写っているのは「たび」ちゃん、推定3歳の女の子です。出会った頃の写真のたびちゃんは、鋭い目つきで、飼い主さんの手を見ています。全体的に汚れていて毛はボサボサ、白いはずの足先はグレーに。一方もう一枚の現在の写真には、ふわふわの真っ白なクリームパンのような前足を見せながら、キュルキュルの瞳で飼い主さんを見上げるたびちゃんが!

「全然違う!可愛いくなって〜 主さんに出会えて良かったね」
「表情が違います 警戒心のないきゅるきゅるのお顔可愛い」
「なんて素敵なビフォーアフター」
「別にゃんこですね 幸せって顔してます」
「毛並みも綺麗になって大事にされてるのがわかります」

リプ欄を見ると、たびちゃんの変化に、幸せをお裾分けしてもらったような気持ちに。

購入予定の敷地で出会った猫さんを翌日保護、建てた家で一緒に暮らす

 飼い主さんがたびちゃんと出会ったのは、購入しようとした土地でした。物陰から現れたたびちゃんは、初めはシャー!と威嚇していましたが、手にじゃれるくらい仲良くなったそう。

「当時はペット不可のアパートに住んでいたし、家に迎えられる状態ではなかったのですが、この土地が更地になったらこの子の居場所がなくなってしまうし、交通量の多い道路と、線路に挟まれた場所だったので事故も心配…」と、親戚などに飼ってもらえないか相談しましたが良い返事をもらえませんでした。

 頭からたびちゃんのことが離れなかった飼い主さんは、次の日の仕事帰りにもう一度見に行きました。するとボロボロのプレハブ小屋の土嚢袋の上から「ニャー」とお返事してくれたそう。

「もうこれは連れて帰るしかないな!と覚悟を決めて、近づいてきたところを逃げられないように捕獲し、その足で病院からのホームセンターで猫用品一式を揃え、連れて帰りました。今はたびに出会った土地に家を建てて、そこで暮らしています」と話す飼い主さんにお話を聞きました。

──出会ったときは、どんなふうにワイルドだったのですか?

 初めて出会ったときはシャーと威嚇されましたし、身体も汚れていて毛もボサボサでした。手を出すとカプッと噛みついてきて、お家に迎えてからはどうやったら噛み癖がなおるのかと結構悩みました。また、エサ入れやトイレをひっくり返したり、明け方に騒いだりすることもあって、ワイルドだなぁと感じていました。

一緒に暮らして猫さんの表情が優しく、穏やかに

──今の写真はまんまるで可愛い!と大反響でした。

 親バカで申し訳ないのですが、たびはほんっとうに可愛いので、たくさんの方に知っていただけたのと、すごく反響があってとても嬉しかったです。

 それから、表情が優しくなったね、穏やかになったね、とか、たびの顔を見て、愛されているんだね、幸せな顔をしているね、などとコメントをいただけたのは感慨深かったです。あの時たびを保護してよかった、たびに幸せと思ってもらえるようにもっと頑張ろう!という気持ちになれました。

──これまでも猫を飼われたことが?

 実家では猫を何匹か飼っていましたが、お世話をしていたのは同居していた家族で、田舎で外飼いという適切な飼育ではなく、交通事故で亡くなった子もいました。でも、子どもの私にはどうすることもできなくて。私は撫でたり一緒に遊んだりしたくらいでしたが、猫は可愛くて大好きでした。

 社会人になってから仲良くなった野良猫ちゃんもいたのですが、保護することができず、その子も交通事故で亡くなってとても後悔しました。そんなことがあって、たびと出会って、今度こそは可哀想なことにはさせたくない、この子を助けたいと思って家に迎えました。

──過去の後悔もあって、絶対に大切にしようと思われたのですね。たびちゃんとの生活はいかがですか?

 たびを見ていて毎日喜びを感じますし、癒してもらっています。出会った頃からずっとかわいいのですが、毎日かわいいを更新していくんですよね。飼い主として養っていく責任がありますので、たびがいるからお仕事を頑張れるし、生きがいに感じています。私たち夫婦の前に現れてくれて、うちの子になってくれて本当にありがとう、と心から感謝しています。

続いてお迎えした、保護犬とも仲良くなりました

──たびちゃんを迎えて1年半後くらいに、犬の金時くんを迎えられたのですね。

 主人が犬派で、家を建てたらいつか犬を飼いたいね〜と夫婦で話していたんです。コロナ禍で主人が在宅勤務になったこともあって、「わんちゃんを迎えたい!」と。犬を迎えるなら絶対に保護犬を!と決めていたので、動物愛護指導センターで犬の譲渡を受けるための講習会を受けたり、愛護センターのHPで毎日収容情報をチェックしていました。そして収容された金ちゃんの写真を見て、一目惚れしてすぐにお見合いを決めてうちに連れてきました。

──金時くんに会った、たびちゃんはどんな様子でしたか?

 お迎えしたとき金時の方が大きかったこともあり、たびは得体の知れない生き物にビビり倒していて、シャーシャー、ウーウーしていて、これからどうなることかと不安でした。でも今は、金時が遊びたくて絡みにいくと、たびは猫パンチで応戦しています。たまにシャーっとして怒ってます(笑)。

しつこくされると嫌がって逃げますが、たびもなんだかんだ気になるみたいで、金時が寝ているところにこっそり近づいて足の裏の臭いをかいだり、金時がたびの前を通り過ぎると、通り過ぎざまにしっぽをちょいちょいっと触ったりしています。2人のやりとりが面白くて、毎日楽しく見ています。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)