「今日は我が家のあまりに極端すぎる柴犬たちの様子を紹介します。
年齢ひとつ違いの性別、犬種が同じ子たちなんですが・・・。
寝ている姿に個性がでますね笑」

寝相が両極端な柴犬2匹の動画がInstagramで話題になりました。

投稿したのは、飼い主の痛風おじさん(@re.azuhana)。動画の柴犬さんたちは、黒柴のあずきちゃん(雌・8歳)と胡麻柴の花ちゃん(雌・9歳)の2匹です。飼い主さんは、ふたりの寝相が違い過ぎて思わず撮影してみたとか。動画には、枕を上手に使って人間の子どものように眠るあずきちゃんと、蝋人形のように大胆なポーズで寝っ転がる花ちゃんの対照的な寝姿が映し出されています。そんな両極端な寝相に爆笑する人たちが続出しています。

「すやすや眠るあずきちゃんと蝋人形の花ちゃん…朝イチから笑わせていただきました」

「すやすや眠るあずきちゃんと蝋人形の花ちゃん…朝イチから笑わせていただきました」
「正反対だけど2人共可愛い」
「個性爆裂ですね〜」
「あーちゃんは完全に人間化してますね♡」
「はなちゃん、目を開けて寝てるんですか?」

多くの人たちをくぎ付けにしたあずきちゃんと花ちゃんの寝姿。撮影時のことを、飼い主さんに聞きました。

枕を使って眠る柴犬→几帳面でおっとり 蝋人形のように寝転ぶ柴犬→天真爛漫

──柴犬さんたちの寝相が話題になりました。枕を使ってお行儀よく寝ていたのがあずきちゃんですね。

「はい。あずきはいつも穏やかに寝ています。基本的にきれいな寝相ですが…」

──花ちゃんはというと、ケージの中で蝋人形のようにかたまって寝転んでいましたね。それも目を開けて、ちょっとホラーな寝顔でした(笑)。

「花は時に投稿のような感じでひっくり返ったり、足を伸ばしたり奔放に寝ていることがありますね…」

──ふたりの対照的な寝相を見られてどう思った?

「あずきの寝姿はいつもきれいでさすがだなあと思いますね。花は『またか』という感じです(笑)」

──そんな寝姿から何となく想像できるような気がしますが…ふたりの性格をそれぞれ教えてください。

「あずきは几帳面でおっとりしていてマイペースな子。花は、天真爛漫という感じですね」

──また花ちゃんが膀胱炎になってから、ふたりのお散歩が大変だったとか。

「そうですね。柴犬は家の中でトイレができない子が多い犬種ですから、多頭飼いだと散歩回数が多くなってしまうので大変だと思います。同時に行けると楽なのですが、それぞれペースや歩く距離が違うので、我が家は別々に行かざるを得なくて。花が膀胱炎の治療をしている間は、1日2匹合計7回トイレのための散歩へ行っていましたので、1日中散歩に出かけている気分でした(苦笑)」

今回違い過ぎる寝相を披露してくれたあずきちゃんと花ちゃん。性格もお散歩のペースもそれぞれ違いますが、ふたりとも個性の光る可愛い柴犬さんたちです!

(まいどなニュース特約・渡辺 晴子)