お前も埼玉県人だったのか―。チェーン店「バーガーキング」が、X上(旧ツイッター)で、映画「翔んで埼玉」にまつわる埼玉ポーズをとったスタッフの写真を投稿し、世間をざわつかせている。実は同社、30年前に埼玉県入間市のショッピングセンターに日本1号店をオープン。その縁でコラボ商品(通常890円)の発売を始め、埼玉県限定の310(サイタマ)円になるクーポンも配布しているのだ。ある埼玉県人は、劇中のせりふと重ねてこう喜ぶ。「そのへんの草食たべるの、もうやめよう」

埼玉解放戦線を応援!?最大580円引き

映画は、埼玉県をとことんけなして笑いに変え、大ヒット。11月23日からは、続編の「翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜」が上演中。今作は、海のない埼玉に美しい海を作ろうと、「埼玉解放戦線」が決行される内容となっている。

映画に便乗したのが、同じく埼玉生まれのバーガーキング。1号店は閉店しているが、今でも25店舗が埼玉県に健在。コラボ商品は「翔んで埼玉 ワッパーセット」(通常890円)。ワッパーは、直火焼き100%ビーフパティにレタス、トマト、オニオンといった野菜、ピクルスを重ね、セサミバンズでサンドした看板商品。バーガーに、ポテトMとドリンクM、特製ステッカーが付く。わざわざ拠点のさいたま市内に期間限定(12月14日まで)で「バーガーキング 翔んで埼玉店」と設けて、埼玉解放戦線を応援しているという。

また、埼玉県内25店舗を対象に「埼玉優遇クーポン」を毎日配布。通常価格890円を200円引きした690円で購入できる。また、1日1店舗(ランダム)で、ワッパーセットが310円(580円引き)で購入できる「超優遇クーポン」(毎日100人、先着順)も。レイクタウンアウトレット店では「超優遇店」として超優遇クーポンを期間中毎日配布している。

SNS上では「ようやく草じゃなくてハンバーガー食えそうだぜ」「安すぎる」「そこらへんの草バーガーじゃなくてかった」などの声で盛り上がっている。

キャンペーンは12月11日まで。