アニメのキャラクターのような白猫・なっちゃん。まだ1歳未満ですが、生まれてから保護されるまで、京都の繁華街にあるとあるビルの裏手で過ごし、劣悪な環境を生き抜いていました。なっちゃんが住み着いていた場所には、ビルの室外機や換気扇が並ぶところ。日常的には誰も立ち入らない場所で、ここで人知れず生き抜いていたようです。

地面に散らばったパンくずを食べて生き抜いていた

なっちゃんを発見したのは、この界隈の野良猫の世話をするボランティア。いつも近隣の野良猫たちに餌を与えているそうですが、2023年のとある日、たまたまこのビルの裏手を見るとなっちゃんを発見。そばにはパンくずらしきものが散乱しており、もしかしたら誰かがなっちゃんの存在を知り、見るに見かねてパンを与えていたのかもしれません。また、体のあちこちには擦りむいた傷や脱毛があり健康面でも心配です。

このボランティアは、関西圏で野良猫・保護猫のあらゆるサポートを行う会社「ねこから目線。」に相談し、「ねこから目線。」スタッフは捕獲に乗り出すことにしました。

人の往来に怯えてなかなか出てきてくれない

ボランティアはあらかじめビル関係者に事情を説明し、捕獲の了解も得ていました。

「ねこから目線。」のスタッフはまずなっちゃんがいるビル裏手をチェック。その場にはフェンスがあり、捕獲器を設置することはできません。すぐ脇の歩道に捕獲器を設置することにしましたが、人の往来が激しくなかなか歩道のほうへは出てきてくれません。そこでなっちゃんから人間の動きが見えにくくするために、捕獲器の脇に段ボールを設置。ここでなっちゃんが出てきてくれ、エサを仕込んだ捕獲器に入ってくれることを待ちました。

なっちゃんはフェンスの隙間から顔を出したりひっこめたり、そして出たり入ったりを繰り返しました。「ここから出ちゃって大丈夫かな。食べたいんだけど……」といった感じでしたが、人の往来が途切れたところで捕獲器にイン。無事に保護することができました。

ボラさんの手厚いケアを受け美人猫さんに大変身

保護した後、動物病院へ搬送。けがの治療や不妊手術を実施。このほか、溶けたゴムのようなベタベタしたものが体にこびりついており、体もきれいにしてあげました。しばらくの間は先のボランティアの家で世話を受けていたなっちゃんですが、あのビル付近にリターンするわけにはいきません。

そこで「ねこから目線。」で迎え入れてくれる里親募集を始めることにしました。

「ねこから目線。」のスタッフが募集のための写真撮影のためにボランティアさんの家を訪ねると、ビル裏手で過ごしていた頃から一変。めちゃくちゃかわいくなったなっちゃんの姿がありました。毛色は綺麗な真っ白となり、まるでアニメのキャラクターのよう。なっちゃんに対するボランティアの手厚い世話、たっぷりの愛情がうかがえました。

カメラを構えるスタッフを前に少々緊張気味のなっちゃん。やや怖がりで、馴れない人の前では固まってしまうことがあるのだそうです。他方、攻撃性はなく、ゆっくり体を触ってあげると表情が柔らかくなります。また、ボランティア宅にいる先住猫とのコミュニケーションはバッチリとのことです。

過酷な環境で育ちながら命が救われたなっちゃん。1日も早く「ずっとのお家」が見つかることを願うばかりです。 

(まいどなニュース特約・松田 義人)