就寝時、猫ちゃんが枕の上でくつろぐようになってしまって追加で枕を購入したところ、別の猫ちゃんがその枕の上で香箱座りをしてしまった…という飼い主さん。「全米は泣かないけど 私は泣いた」というひと言とともに「X」に投稿した写真が大きく注目を集めました。

 写真をポストしたのは「にゃん報」(@nyanpou2)さん(以下、飼い主さん)のアカウント。話題になった写真で、向かって左の枕の上で丸まっているネコさんは「もも」ちゃんといい、右の枕とカバーの間にもぐり込んでいるネコさんは「むぎ」ちゃんといいます。

愛猫たちとの「枕争奪戦」の流れ

 ここに至るまでの「愛猫たちとの枕争奪戦」を以下、投稿順にご紹介します。

① 飼い主さんが寝ようと思って寝室に入ると、むぎちゃんが飼い主さんの枕とパッドの間に入り込んでいました(1月14日に飼い主さんはこの状況を写真に撮って投稿)

② 「私の寝床はここニャ」と宣言したむぎちゃんを見て、飼い主さんは新しい枕を飼うことを決意(1月19日に飼い主さんはこの状況を写真に撮って投稿)

③ 飼い主さんは新しい枕を購入、そして最初の枕は「むぎちゃんのお布団」に(1月20日に飼い主さんはこの状況を写真に撮って投稿)

 …そして両方の枕を愛猫たちに奪われる、という結果を撮影したのが冒頭の写真になります。

「全枕を奪われた」
「全私が泣いたw」
「これぞ猫ですね うちの子も友人に買ってもらったお高い枕を横に10割使うので、飼い主はほぼ枕無しです笑」

 一連の流れを見届けた人たちから様々な声が届いています。詳しい話を飼い主さんにお聞きしました。

「膝から崩れ落ちそうに」

――あらためて「全米は泣かないけど 私は泣いた」光景を見た時のお気持ちを教えてください。

ももちゃんまでいるのを見た時は、さすがに膝から崩れ落ちそうでした。(泣けるわー)って思いました(笑)。

――この後はどうなりましたか?

私が寝るまで2名がいたので、私は枕と枕の間で寝ました。

――よく眠れましたか?

夜中ふと目が覚めたらももちゃんは自分用のカゴのベッドに戻っていました。むぎちゃんは朝起きた時には布団の上に移動していました。夜中に目が覚めたので安眠は出来ていないです(笑)。

――投稿に大きな反響がありました。

最近、他にも沢山反響を頂いていたポストがあったりしましたので、「枕争奪戦」のポストが皆さんのTLにオススメで出て鬱陶しくないかなぁ…と心配になったりしていました(笑)。

私の「X」は何か面白い写真が撮れたり、可愛い写真が撮れたら自由気ままにポストしているので、また何か撮れたらポストするかもしれないですし、今までの投稿は一応、毎回「これはこれ」と言う感じで完結しています。今回はたまたま4回枕にまつわる楽しい写真が撮れたのでシリーズっぽくなりました。

気になる今後は…!?

 これから先、飼い主さんは「今後は早い者勝ち作戦で行こうと思っていますが、リプライで寝る直前に枕を置けばいいんじゃないかという名案を頂きましたので、新しい枕は猫が座れないようにしておこうと思います」と話しています。

 一方やはり、むぎちゃんは枕がお気に入りらしく、話題になったポストの後も「お母さん、遅かったんじゃない?」と言いたげに枕とパッドの間から顔をのぞかせている写真や、枕とパッドのあいだにおさまってスヤスヤと眠っている写真などがアカウントのタイムラインには投稿されています。

(まいどなニュース特約・山本 明)