東急東横線で「借りて住みたい街」が多い人気の駅はどこなのでしょうか。株式会社LIFULL(東京都千代田区)が運営する不動産・住宅情報サービス『LIFULL HOME'S』がこのほど発表した「賃貸物件の問合せが多い鉄道路線ランキング(首都圏・私鉄編)」によると、「武蔵小杉駅」(平均家賃:12万1723円)が1位となりました。

調査は、2023年1月〜12月の期間に、同サービスに掲載された首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の賃貸物件のうち、実際の問合せ数から選ばれた「借りて住みたい街ランキング」でTOP200内の駅を路線別に集計しランキング化したといいます。なお、平均家賃は問合せのあった賃貸物件(1LDK)の中央値を40平米あたりに換算しています。

「東急東横線」は、東京都の「渋谷駅」と神奈川県の「横浜駅」を結び、沿線には田園調布、自由が丘、代官山などの住宅地や慶應義塾大学をはじめとする学校のキャンパスが多いことが特徴となっています。首都圏・私鉄における「賃貸物件の問合せが多い鉄道路線ランキング」では、「東急東横線(渋谷〜横浜)」は2位に入りました(首都圏版借りて住みたい街ランキングTOP200内にランクインした駅数は13駅)。

なお、同ランキングの1位は「小田急小田原線(新宿〜小田原)」(同:14駅)でした。また、3位「東武東上線(池袋〜寄居)」(同:11駅)、4位「東急田園都市線(渋谷〜中央林間)」(同:9駅)、同率5位「東急目黒線(目黒〜日吉)」「東武伊勢崎線(浅草〜羽生)」(いずれも同:8駅)と続いています。

そんな「東急東横線」について、問合せが多い人気の駅をまとめたところ、1位になったのは、同社が発表した「借りて住みたい街ランキング首都圏版」で19位だった「武蔵小杉駅」(平均家賃:12万1723円)でした。同駅は、「渋谷駅」と「横浜駅」の中間に位置し、JR埼京線、湘南新宿ラインなどへの乗り換えができ、東京の都心や横浜市内への通勤通学する人に人気のエリアです。

続く2位には、TOP5のなかで唯一の東京都内の駅で、「渋谷駅」から約10分の「学芸大学駅」(借りて住みたい街ランキング首都圏版:38位/同:14万2646円)がランクイン。

以降、3位「元住吉駅」(同:39位/同:11万7853円)、4位「日吉駅」(同:61位/同:10万6203円)、5位「綱島駅」(同:84位/同:10万4439円)がランクインする結果となりました。