2023年暮れ、福岡県の動物愛護センターに老犬が収容されました。

福岡県田川市内の深い側溝に落ちていたところを発見。首には首輪の跡があります。動物愛護センターの職員は「飼い主から棄てる目的で首輪を外され、そのまま放浪していて側溝に落ちた可能性が高い」と話しました。

老犬の存在を知ったのが、福岡県を拠点に行き場を失ったワンコの保護・譲渡活動を行うボランティアチーム、わんにゃんレスキューはぴねす(以下、はぴねす)のスタッフ。別の収容犬を見に来たところでした。スタッフがこの老犬をなでてみると、一瞬ビクッとするものの噛みつくような素ぶりは見せず、穏やかな性格であることが伝わってきました。

体はガリガリに痩せており、立ち上がるのもやっとの様子。おぼつかない脚取りでフラフラと檻の中を歩いていました。

後にこの老犬につけられた名前は「りゅうたろう」。スタッフはこの命を救うことができないかと模索し始めました。

懇意の里親さんに連絡すると…

本来であれば、はぴねすで保護したいところですが、あいにく関係先はどこも譲渡先を待つ複数の保護犬を抱えています。スタッフの知り合いや、以前はぴねすに問い合わせくれた人の中でりゅうたろうを迎え入れてくれそうがないものか、と思案。「あの人なら」と思い浮かんだのが大阪在住のSさんでした。

Sさんは以前、はぴねすから保護猫を迎えてくれた里親さんで、りゅうたろうと同じ時期に別のワンコのために部屋を用意していました。結果的にそのワンコとは条件が合わず迎え入れてられなかったものの、もしかしたら今でも部屋があるかもしれないと希望が膨らみました。

Sさんに連絡をすると、りゅうたろうを迎え入れることを快諾してくれました。スタッフはすぐに動物愛護センターに連絡。りゅうたろうは最悪の結果を免れ、幸せな第二の犬生を踏み出すことになりました。

見事「ずっとのおうち」を掴むことができた

引き出されたりゅうたろうは、Sさんへ譲渡されるまでの期間、はぴねすと懇意のトリミングサロンのオーナーさんが世話を続けることになりました。スタッフが動物愛護センターにりゅうたろうを迎えに行くと、初めて会った日よりもずっと足取りが軽く、表情も柔らかくなっていました。

トリミングサロンのオーナーさんの家ではすぐに懐いてオーナーさんに甘える素ぶりも見せてくれました。

その後、無事Sさんの家へ。飼い主に棄てられひとりぼっちで放浪していたときとはまるで違う、温かい「ずっとのおうち」をつかむことができたりゅうたろう。優しいSさんのもとで幸せな日々を送っています。

(まいどなニュース特約・松田 義人)