みなさんは「私服にお金がかかっていそうな有名人」といわれたら誰を思い浮かべますか。株式会社NEXER(東京都豊島区)とブランド衣料の宅配買取サイト『リシャール』が共同で調査をしたところ、インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人であり今ではタレントとして活躍している「デヴィ夫人」が1位に選ばれました。

調査は、全国の男女1000人を対象として、2024年5月〜6月の期間にインターネットで実施されました。そのほかの結果と回答者からのコメントは以下の通りです。

▽私服にお金がかかっていそうな有名人ランキング

【1位:デヴィ夫人(176票)】
▽高貴なイメージがある(10代女性)
▽来歴やキャラクターからしても服に金をかけない理由がなさそう(20代男性)
▽普段からゴージャスで、ファーストファッションとは縁がなさそう(30代女性)
▽いつも身に着けているものが高価そうだから(30代女性)

【2位:叶恭子(162票)】
▽普段からゴージャスな格好をしている印象がある(20代女性)
▽億単位の服を持っているから(30代女性)
▽見た目を売りにしてる人だから(30代女性)
▽安い服は絶対に着ない感じがするし、着ているところを想像できない(30代女性)

【3位:叶美香(103票)】
▽セレブが売りだから(20代女性)
▽ドレスとか時計にめちゃくちゃお金をかけてそうなイメージがある(30代男性)
▽衣装をTVで観ていてそのように感じました(40代女性)
▽プライベートと仕事と分けずに常に高級なドレスを着用していそう(40代女性)

【4位:神田うの(56票)】
▽ブランド物が好きそうだから(30代女性)
▽ファッションにこだわりがありそうだから(30代女性)
▽私服のみならず、生活の全てにお金がかかりそうなイメージ(40代女性)
▽洋服のブランドやデザインだけでなくアクセサリーなどもこだわっていそう(40代女性)

【5位:新庄剛志(52票)】
▽魅せる男を自認して世間にアピールしているから(50代男性)
▽私服がかっこいい(40代男性)
▽数年前ド贅沢な暮らしをしてたから(40代女性)
▽普段から派手なものがすきそうだから。シンプルにしている姿は想像できない(30代男性)

   ◇  ◇

【出典】
▽リシャール
https://www.reshal.jp/