<大相撲初場所>優勝額贈呈式は白鵬だけ出席 14日初日

 元横綱・日馬富士の傷害事件をはじめ不祥事が相次ぐ大相撲は14日、東京・両国国技館で初場所初日を迎える。事件現場に同席し処分された白鵬関と鶴竜関の2横綱が無給で出場するなど、異例の事態が続く。一方で前売り券は即日完売し、懸賞の申し込みが過去最高を上回る勢いと、相撲人気は続いている。

 13日は国技館で土俵祭があり、幕内上位力士が出席して土俵の無事を祈った。先月の臨時横綱審議委員会で、張り手やかち上げを多用する取り口を批判された白鵬関は「いつも通りやるだけ」と淡々と話した。鶴竜関は「自分の相撲に集中したい」と4場所連続休場明けの場所での再起を誓った。

 同日の東京場所恒例の優勝額贈呈式は、昨年11月の九州場所優勝の白鵬関だけが出席した。昨年9月の秋場所を制した元日馬富士が引退し、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)も代理出席を辞退したためだった。

 場所中の結びの一番は、土俵祭の祭主を務めた三役格行司筆頭の式守勘太夫が、セクハラ問題で出場停止処分を受けた式守伊之助に代わって裁く。現在、最高位の木村庄之助がおらず、立行司不在となる。

 初場所の懸賞申し込みは2239本で、過去最多だった昨年夏場所の2153本を上回る。観光PRのため新規で申し込んだ長崎県佐世保市の担当者は「よくも悪くも注目を浴びる場所。PRの目的に合っている」と説明する。

 不祥事続きに、日本相撲協会は昨年まで3年続いた天皇、皇后両陛下の観戦を辞退した。八角理事長(元横綱・北勝海)は「力士には、ファンに喜んでもらえる相撲をとってもらいたい」と奮起を促した。【飯山太郎、倉沢仁志】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索