<大相撲>元前頭・北太樹が引退 年寄「小野川」襲名

 日本相撲協会は13日、幕内を38場所務めた東幕下3枚目の北太樹(35)=山響部屋=の現役引退と、年寄「小野川」の襲名を発表した。

 東京都出身の北太樹は1998年春場所初土俵。2007年名古屋場所で十両に昇進し、08年秋場所で入幕を果たした。最高位は前頭2枚目。

 小野川を名乗っていた元前頭・大道(35)=阿武松部屋=は「音羽山」に名跡を変更。音羽山親方だった元前頭・光法(44)=貴乃花部屋=は協会を退職した。

 元光法は10年の理事選で、初当選した一門外の貴乃花親方(元横綱)に投票したと表明。元光法が所属していた一門から立候補した当時の大島親方(元大関・旭国)は落選した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索