<九州六大学野球>九州国際大、久留米大が連勝

 九州六大学野球春季リーグは16日、福岡・久留米市野球場で第1週の2回戦3試合があった。2季連続優勝を狙う九州国際大は九州大、久留米大は北九州市立大にそれぞれ連勝。2季ぶりの制覇を目指す福岡大は西南学院大に勝ち、1勝1敗とした。

 ◇17安打の猛攻で連敗免れた福岡大

 福岡大は17安打の猛攻で連敗を免れた。四回に井上大(4年・宇部鴻城)の左中間2点適時二塁打など5連打で3点を先取し、七回には打者12人で7点。1回戦に続いて中1日で先発したエース左腕・秋山(4年・田川)を援護した。1回戦の得点はソロ本塁打2本だけだったが、井上大は「ベンチでつなごうと声を掛け合っていた」。打者の意識の変化が打線のつながりを生み、次週への勢いも得た。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索