<プロ野球>志望届締め切る 高校123人、大学110人

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は11日、プロ入りを希望する選手に提出を義務づけた「プロ野球志望届」の受け付けを締め切った。同日午後5時までに届け出た高校生123人、大学生110人の233人が、25日のプロ野球新人選手選択(ドラフト)会議の指名対象になる。

 高校生は春夏の甲子園で優勝した強打者の根尾昂遊撃手と藤原恭大外野手(ともに大阪桐蔭)、夏の甲子園準優勝の吉田輝星投手(金足農)らが志望届を提出。大学では150キロ台の速球を誇る甲斐野央、上茶谷大河、梅津晃大の3投手(いずれも東洋大)らが提出した。【新井隆一】


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索