<陸上>世界リレー、来年5月に横浜で開催

<陸上>世界リレー、来年5月に横浜で開催

 日本陸上競技連盟と横浜市は12日、リレー種目の世界一を争う「世界リレー大会」を来年5月11、12日に横浜・日産スタジアムで開催すると発表した。男女の400メートルリレー、男女と混合の1600メートルリレーは世界選手権ドーハ大会(来年9〜10月)の出場権を懸けて行われる。

 横浜市役所での発表会見には2016年リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルの山県亮太(セイコー)が出席。山県は「20年東京五輪で金メダルを目指す僕たちにとって重要な大会。選手それぞれが持ち味を発揮し、この大会でも金メダルを目指したい」と意欲を語った。

 世界リレー大会は14年に創設され、15年から2年ごとに実施。日本陸連によると、過去3回を開催したバハマが財政的な理由で来年の開催を返上。日本が今夏に国際陸上競技連盟へ受け入れを申し出た。日本は15年に男子400メートルリレーで3位に入った実績がある。【石井朗生】


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索