天理大の主将・島根「全てを出し切った。伝統を見せられた」

天理大の主将・島根「全てを出し切った。伝統を見せられた」

 ◇全国大学ラグビー決勝(12日、秩父宮)

 ○明治大学22−17天理大学●

 諦めない姿勢を体現した。天理大の主将・フッカー島根は「悔しさもあるが、攻めて終わり、全てを出し切った。最後までやりきる、天理の伝統を見せられた」と胸を張った。

 前半3分、ゴール前のラインアウトのサインプレーから、狭いサイドでボールを受けて先制のトライ。17点差をつけられた後半29分にも力強い突破でトライを奪うと、その6分後にも攻撃の起点となってトライにつなげた。「点差が開き、吹っ切れるしかないとアタックに切り替えられた。苦しい場面で力を出せた」と終盤の猛反撃に手応えをつかんだ。

 試合終了を告げるホイッスルが鳴った後、仲間とともに17―22と刻まれたスコアボードを真っすぐ見つめた。「明大は昨年、(決勝で帝京大に)1点差で負けた悔しさがあり、優勝できたと思う。自分たちもこの悔しさを忘れないように焼き付けることが大切」。悲願の初優勝は、後輩たちに託す。【角田直哉】


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索