同居する祖母・きみ子、73歳。「私のお財布盗ったでしょ!」...元看護師でバリバリ仕事をしてきた祖母が認知症に!? 認知症への知識もなく、これからの生活はどうなる...? そんな恐怖と不安を抱える日々を孫・里実目線で描き、Twitterに投稿されている"ほぼ実話"の介護マンガを元にした『嫌いから可愛いになった私のおばあちゃん 〜認知症介護実録〜』より、認知症発覚から治療開始までのエピソードを連載形式でお届けします。


要介護認定の申請をするときに、主治医意見書の記載が求められます。
その為にも医療機関への受診は避けては通れんのです。
主治医がいない場合は、市町村の指定する医師の診断を受けて、意見書が作成されます。
3-6-1.jpg3-6-2.jpg


3-7-1.jpg3-7-2.jpg3-7-3.jpg
母から見た祖母は、いつも通り。
私から見た祖母は、いつもと違う。
第4回に続く

上條里実
進学先が祖母の家と近かったことで祖母との同居がスタート。その後、大学院生のときに祖母が認知症を発症したため、就職後も介護を続ける。現在、祖母は施設に入居中(コロナの影響で面会ができていない状況)。「沢山の書籍を読み、自分は介護に必要以上に苦しんでいたと気づいた」という経験を漫画で伝え、一例として役に立ちたいと、孫・里実目線で描く“ほぼ実話”の介護マンガをTwitterで連載中。