脳卒中や心筋梗塞など、さまざまなリスクを秘めた高血圧。「男性よりも女性の方が血圧は低めだから...」と油断をしてはいませんか? 実は更年期以降の女性は高血圧になりやすく、その際のリスクは男性よりも高め。そこで今回は、東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科教授の市原淳弘(いちはら・あつひろ)先生に、「NOの増やし方」について教えてもらいました。

NO(一酸化窒素)の産生力が高まれば
血管は若返ります!
血圧を下げるためには、NO(一酸化窒素)の産生を活発にすることが欠かせません。
「NOは、血管の健康を守って血圧を安定させるだけでなく、心筋梗塞や脳卒中、認知症などの予防や改善も期待されています。ですが、加齢や動かない生活、閉経、喫煙などによって、NOの産生力はどんどん弱まってしまいます」と、市原先生。
そもそもNOは、血液の流れが血管の内皮細胞を刺激することで生まれます。
ですが、血液中でNOが生きているのはわずか数秒。
ですから、できるだけたくさんのNOを産生する必要があります。
NOを増やすポイントは、血流を増やして、全身の血液をくまなく循環させることだと市原先生。
「最も効果的なのは運動です。毎日10分でいいので、続けることが大切。大きな筋肉の中には血液が多いので、ストレッチのような下半身の筋肉を使う運動をすると、NOがより多く産生されます。NOの産生力は、血流を良くすることで、何歳からでも取り戻すことができます」

血圧 130mmHg台 は、血圧高めです
2105_P016_01.jpg
高血圧の基準値、降圧目標値は右の通りですが、心筋梗塞や脳梗塞などの血管事故のリスクが低く、安全ゾーンといわれる血圧は120/80mmHgと覚えておきましょう。

女性は、50代から高血圧の人が多くなります。
どうして高血圧の人が増えるの?
⇒女性ホルモン(エストロゲン)の減少でホルモンバランスが崩れるせいです。
2105_P016_02.jpg
更年期(閉経を挟む前後の10年)になると、女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少することで血圧をコントロールしている自律神経が影響を受け、高血圧になる女性が急増します。
出典:厚生労働省「平成28年国民健康・栄養調査報告」





血流を良くするには、運動の他、「お風呂につかる」「鼻呼吸をする」「動脈をもむように手足のマッサージ」「関節を曲げる」といったことも効果的。
一つでもいいので毎日続けることで血管が若返り、血圧の安定につながります。
血圧の安定には、NO(一酸化窒素)が大切
血管の健康を守るNOは、残念ながら加齢や生活習慣でどんどん減少します。
しかし、血流を良くすることができれば、NOは産生できます。
《NOが減る生活習慣》
・座りっぱなし
・運動不足
・不規則な食事
・喫煙
・ストレスなど
NOを増やすには、血流を良くする
NOは、血液が血管を流れる際に生まれる「ずり応力」といわれる刺激で産み出されますが、血液中でわずか3〜6秒で消失してしまいます。
NOをたくさん産生し続けるには、血流をアップして血管内皮細胞を刺激する必要があります。
NOたっぷり血管
2105_P017_01.jpg
NO少なめ血管
2105_P017_02.jpg
《すぐできるNO産生法》
・ゆっくりと鼻呼吸
・動脈をもんでマッサージ
・体を動かす
・規則正しい食事をする
・しっかりと睡眠をとる
毎日の血圧測定で血管の健康を守りましょう
測定は、快適な室温の中、いすなどに腰かけて体の力を抜き、1〜2分間安静にしてから行います。
必ず記録しましょう。
2105_P017_03.jpg
測定は...
朝晩、下の決まった時間帯に2回以上測定し、平均値をとるのがおすすめ。
起床後1時間以内
排尿後、朝食前に計測。降圧薬を飲んでいる人は服薬前に測定を。
就寝前
入浴後1時間以上たってから測定を。測定直前の喫煙、飲酒は避けて。

取材・文/オフィス・エム(寳田真由美) イラスト/熊本奈津子

<教えてくれた人>
東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科教授
市原淳弘(いちはら・あつひろ)先生
専門は内分泌疾患全般および高血圧診療。特にホルモン異常による高血圧、閉経期以降の高血圧など。著書、テレビ出演多数。