テレビ番組でも活躍中のクイズ作家・近藤仁美さんが集めた珠玉の雑学をご紹介。「ピラミッドの頂上にはカフェがあった!?」「ゆで卵は頑張れば生卵に戻せる!」など、知ればきっと誰かに教えたくなること間違いなし!『人に話したくなるほど面白い! 教養になる超雑学』に収録の雑学を厳選。ちょっとした話題作りに役立ててみてはいかがでしょうか。
※本記事は近藤仁美著の書籍『人に話したくなるほど面白い! 教養になる超雑学』(永岡書店)から一部抜粋・編集しました。

01_pixta_57012576_M.jpg
ピラミッドのてっぺんには一時期カフェがあった!
エジプトのギザにあるクフ王のピラミッドは、世界一高い墓だといわれる。この146メートルもある建造物はかつて頂上まで登ることができ、一時期はてっぺんにあるカフェで一休みすることさえできた。この企画は地元のホテルが考えたもので、登頂後、雄大な景色を眺めながら朝食を摂るプランだったという。しかし、1983年にはピラミッドへの登頂が原則禁止されたため、いまとなってはこのような試みは夢のまた夢である。
エジプトといえば、かの有名なクレオパトラは実は複数いた。一般に知られるのはクレオパトラ7世で、「クレオパトラ」とは「父の栄光」という意味だ。また、彼女はカエサルやアントニウスとの恋愛で著名だが、本来は実弟であるプトレマイオス13世やプトレマイオス14世が夫であった。当時の王族はきょうだい間の結婚で血を守るのが一般的であったため、さほど珍しいことではないが、歴史の表にはあまり出てこないエピソードである。


近藤仁美

早稲田大学在学中にクイズ作家として活動を始め、日本テレビ『高校生クイズ』を15年間担当中。その他、テレビ番組『クイズ! あなたは小学5年生より賢いの?』、ディズニーチャンネル『ミラキュラス』リアルイベントなど、各種媒体で出題・監修を行う。国際クイズ連盟日本支部長。クイズの世界大会では日本人初・唯一の問題作成者を務め、雑学とクイズの国際的な賞「Trivia Hall of Fame(トリビアの殿堂)」殿堂入り。『クイズ語辞典』などクイズに関する著書の他、『教科書で出会った古文・漢文一〇〇』など長年携わる日本の古典にまつわる著作・講演もある。