業務スーパーの「鶏のいろどり巻き」はおかずに最適!

業務スーパーの「鶏のいろどり巻き」はおかずに最適!

業務スーパーのなかでも冷凍食品コーナーは、スイーツや総菜、カット野菜など、さまざまな食品がそろう見逃せないポイントですよね。そんな冷凍食品のなかで、気になる商品を見つけたので実際に食べてみることにしました!

ゴボウとニンジンを巻いた鶏肉

業務スーパーの冷凍食品には、焼き鳥やハンバーグなどのお肉系総菜も充実しているのですが、今回筆者がチョイスしたのは、「鶏のいろどり巻き」(税別298円)です。

鶏もも肉でゴボウとニンジンを巻いて焼きあげ、甘辛いタレを絡めた一品。太めの棒状に仕上がったいろどり巻きが1本まるごと冷凍されていて、内容量は340gとなかなかボリュームがあります。

解凍方法は2通り

業務スーパーの冷凍食品のなかには、自然解凍しなければならないものもあり、ちょっと時間がかかるのが難点…。しかし、この「鶏のいろどり巻き」は、湯せんでも電子レンジでも解凍することができます。

湯せんの場合は、凍ったままの本品を内袋のまま熱湯のなかに入れて、約15分湯せんすればOK。あとは、粗熱がとれたらカットして盛りつければ完成です。

電子レンジ(500W)の場合は、半解凍した本品を約1cm幅の輪切りにして、耐熱皿に並べます。あとは、ラップをして約6分加熱したらできあがり。

鶏肉が柔らかくてジューシー♪



今回は湯せんで解凍したものを食べてみたのですが、鶏もも肉が冷凍食品とは思えないような柔らかさです。さらに脂もあってジューシー。しょう油ベースの甘辛いタレがたっぷりと絡み、かなり濃いめの味付けです。でも、きちんとゴボウなどの風味も感じられ、食感にもアクセントが加わっていて◎。

白いごはんがすすむことは間違いありません。もちろん、お弁当のおかずにもぴったりですし、来客時のおもてなし料理としても活躍するはず。

業務スーパーの「鶏のいろどり巻き」。冷凍庫にストックしておくと、便利ではないでしょうか。
(文・奈古善晴)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ママテナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索