ローソンの「ローストチキン&キャロットラペ」はボリューム満点!

ローソンの「ローストチキン&キャロットラペ」はボリューム満点!

コンビニで購入できる一般的なサンドイッチは、三角形の形をしたふわふわのパン生地に具材がサンドされたものですよね。でもほかにも、バゲットで具材をサンドした商品もあります。今回ローソンから登場した新商品は…?

ローソンの「石窯バゲット ローストチキン&キャロットラペ」

ローソンが2019年5月21日(火)に発売した「石窯バゲット ローストチキン&キャロットラペ」(税込320円)は、冒頭で触れたとおり、バゲットを使用したサンドイッチです。

ローストチキンとキャロットラペ、グリーンレタスを、石窯で焼きあげた本格的なバゲットではさみ、ディジョンマスタードで味付けしているのだとか。

大きめのバゲットににんじんなどの野菜や肉がサンドされており、見た目は昨今流行りのバインミーのようですね(バインミーとはベトナムのサンドイッチのことで、バゲットに野菜やハーブ、肉などをはさんだもの)。

歯切れのいいバゲットがナイス!

ランチにちょうどよさそうなサイズだったので、実際に購入して食べてみることに。

男性の筆者でもかぶりつくのがちょっと大変な大きさではありますが、大きく口を開けて食べてみると、香ばしさを感じるバゲットは少しかためで歯切れがいいです。しっとりとしたローストチキンはディジョンマスタードで、ほんのりとした甘みや酸味がついていて、肉のうまみを引き立てています。少し太めにカットされたキャロットラペはしっかりとした食感があり、いいアクセントになっていました。

けっこうなボリュームがあるから、食べごたえも十分で満足度は高め。個人的には、「石窯バゲット ローストチキン&キャロットラペ」と何かスープがあれば、ランチにぴったりなサイズ感ですね。

ワンハンドで食べられるのもうれしいポイント。野菜と肉、パンを手軽に摂れるので、忙しい日の朝食やランチに選んでみてはいかが?
(文・奈古善晴/オルメカ)


関連記事

おすすめ情報

ママテナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索