1杯1000円!原宿「GOMAYA KUKI」の抹茶パフェを食べてきた

1杯1000円!原宿「GOMAYA KUKI」の抹茶パフェを食べてきた

コンビニ各社では、抹茶を使用したスイーツがたくさん販売されていて、1個数百円程度で購入できるのが有り難いです。でも、たまにはもっと贅沢をしたくなることもあります。そこで今回は、トレンドの発信地ともいえそうな東京・原宿のスイーツに注目!

世界一濃厚なごまアイスを目指した「GOMAYA KUKI」

東京・原宿にはタピオカミルクティーやロールアイスクリームなど、いま話題のスイーツを取り扱っているショップが多くあります。今回はそのなかから「GOMAYA KUKI(ごまや くき)」というショップに行ってきました。

同店は、明治19年創業のごま総合メーカー・九鬼産業の伝統あるごまをたっぷり使用して、“世界一濃厚”を目指した超濃厚ごまアイスを販売しているショップです。アイスひとつあたりに、ごまを約9000粒使用した濃いごまアイスに、ごま油といりごまをかけて味わう、新しいアイスの楽しみ方を提案しているのが特長のひとつ。

そんな「GOMAYA KUKI」が2019年5月18日(土)から、期間限定の商品となる「黒ごまタピオカラテ」と「GOMAYA KUKIの仙草ゼリーパフェ」、「GOMAYA KUKIの抹茶パフェ」の3種類を販売しています。

アイスを2種類選べる楽しさ

筆者は「GOMAYA KUKIの抹茶パフェ」を食べることにしたのですが、レジで注文すると、パフェにトッピングするアイスを6種類の中から2つ選べるとのこと。店員さんにアドバイスしてもらい、甘みの強い「くろ 超特濃」と甘さ控えめの「つぶつぶ雑穀」をチョイス。

さっそく食べてみると、たしかに「くろ 超特濃」はコクと甘みがしっかりと感じられる濃厚なアイスで、「つぶつぶ雑穀」は食感の楽しいすっきりとしたアイスでした。また、パフェの中には白玉とわらび餅、抹茶プリン、クリーム、粒あずきが使用されており、なかなかボリューミーで食べごたえあり。全体的にやや甘みを強く感じますが、抹茶プリンのほろ苦いフレーバーのおかげで、最後までおいしくいただけます。

もちもちとした食感やぷるぷるの舌触りなど、いろんな味わいを感じられ、食べているのが楽しくなるスイーツ。お値段はちょっと高めですが、自分へのプチご褒美にぴったりではないでしょうか。
(文・奈古善晴/オルメカ)


関連記事

おすすめ情報

ママテナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索