間もなく月末最終日。読者の皆様も10月の経費精算の申請に取り組んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

先日実施したマネジー読者アンケートによると、経費精算を手書きやエクセルで行う、いわゆるアナログな経費精算の実施率は約半数に上ります。

参考記事:経費精算に関する調査結果

毎月交通費を調べてコピーしたり、領収書を1枚ずつ申請用紙に貼って提出したり、アナログな経費精算はなかなか手間がかかる…

さらに、その申請書類を集めてシステムに手入力するのは、経理部の残業の原因になっているのではないでしょうか?

心身の負担から解消されるために、経費精算システムの導入を検討してみませんか?

マネジー編集部では、編集部おすすめのサービスとそのサービスの比較表を作成し、システム導入を検討されている皆様のお役に立つコンテンツを作成しました。

システム比較表では、月額料金や初期費用の有無、推奨従業員数などを分かりやすく記載しています。
またパワーポイント形式なので、社内で稟議を通す際に、編集して使うことも可能です。

是非この機会にダウンロードして、経費精算に関する課題解決に役立てば幸いです。

マネジー編集部が選んだおすすめ経費精算システムはこちら

他にも、経費精算の課題解決に役立つお役立ち資料のご紹介です。

令和2年度税制改正!キャッシュレス決済で経費精算に領収書がいらなくなる!?

令和2(2020)年10月1日より、改正された電子帳簿保存法が施行され、キャッシュレス決済で受領した利用明細のデジタルデータ(以降「デジタル明細」)を、一定の条件のもと保存しておくことで、領収書の受領が不要になりました。
これにより企業の生産性がさらに向上されることが期待されます。

これについて、

どのような利用明細データが代わりになるのか?

利用明細データを活用することによって削減が考えられる業務とは?

そして、Concur Expense の対応部分とは?

以上のポイントを分かりやすく解説しています。

詳細はこちら
これ一冊で経費精算システム導入の全てがわかる!【完全保存版】経費精算システム導入完全ガイド

<内容>

【1】経費精算システムについて

 1経費精算システムとは

 2経費精算システムのメリット

 3クラウドでの管理が注目されている理由

詳細はこちら
テレワーク時代に失敗しないスマホ対応経費精算の選び方

経費精算システムの「スマホ対応」という表現には様々なレベルがあることをご存じでしたか?

経費精算作業を社外で完結できている社員は何人いますか?

月末月初に営業マンがデスクで経費精算作業してませんか?

経費精算業務を社外で完結できるようにするためにはどのような機能がなければならないのでしょうか?

スマホ対応経費精算システム選定時にチェックすべきポイントをわかりやすく解説します!

詳細はこちら