広告マンガ制作の老舗である株式会社トレンド・プロが、ビジネスパーソンにとってマンガがどのような価値を持つのかを調査したところ、年収600万円以上のビジネスパーソンはマンガで効率よく知識を習得していることが明らかになった。

エンターテイメントとして楽しまれているマンガには、エンターテイメント性だけでなく、絵と文字によって短時間で効率よく情報をインプットできるツールという側面もある。

そこで、「どんな時にマンガが役に立ったと感じるか」「インプット/アウトプットをどの程度意識しているか」「ビジネスコミック(ビジネス書のマンガ版)を読んだことがあるか」などを、25歳〜59歳の男女700人に調査を行った。

その調査結果だが、「どんな時にマンガが役に立ったと感じるか」という問いに、年収600万円以上のビジネスパーソンの23.5%が「短時間で知識を得られた」と回答。これは年収600万円未満層の約1.5倍の数値である。

また、年収600万円以上のビジネスパーソンの21%が「日常生活に役立つ知識が得られた」と回答し、年収600万円未満層の約1.6倍の数値。つまり、年収の高いビジネスパーソンほど、知識習得のツールとしての価値をマンガに感じているということがうかがえる。

次に「ビジネスコミックを何冊読んだことがあるか」という質問に対しては、年収600万円以上のビジネスパーソンの34%が「3冊以上」で、年収600万円未満層の約2.1倍の数値となっている。

「どの程度アウトプットを心掛けているか」については、年収600万円以上のビジネスパーソンの44%が「心掛けている」で、年収600万円未満層の約1.5倍だ。

「マンガはインプットのツールとして有用だと思うか」については、日ごろからアウトプットを心掛けている層の67%が「有用」と回答し、アウトプットを心掛けていない層の約2.2倍の数値となっている。

また、日ごろからアウトプットを心掛けている層の32%が「3冊以上」と回答についてはし、アウトプットを心掛けていない層の4倍の数値となっている。

これらの結果から、年収600万円以上のビジネスパーソンと、日ごろからアウトプットを心掛けているビジネスパーソンほど、ビジネスコミックをインプット・アウトプットのツールに活用していると推測することができる。

年収600万円以上といえば優秀なできるビジネスパーソンの部類に入るが、「絵と文字によって短時間で効率よく情報をインプットできる」というマンガを、知識習得のツールとして巧みに活用している人が多いようである。まさに、「たかがマンガ、されどマンガ」である。