人事労務分野のシンクタンク、産労総合研究所が発表した2021年度の新入社員タイプは「仲間が恋しいソロキャンプタイプ」でした。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、就職イベントや大学での就職指導が中止・延期となり、多くの学生が人との接点が少ないまま入社試験に挑んでいます。選考過程がオンラインに切り替わったことで面接官や他の就活生との繋がりが希薄なのも特徴的です。募集数の制限によって志望する業界の変更を迫られた学生もいます。

こうしたことを踏まえると、今年の新入社員はこの選択でよかったのか確信が持てず、入社に不安を感じているケースも少なくありません。そのため、迎え入れる側の会社は新入社員と相互理解、信頼関係を深めることが重要になります。

コミュニケーション手段は事前に決める

日本能率協会マネジメントセンターの調査によると、多くの会社で同期や先輩社員、上司などとの関係構築を新入社員教育で重視するとあります。例年は学生から社会人へ移行するための基本的なマナー・スキルの習得などに主眼が置かれていました。しかし、今年はまず、人間関係の構築を土台としながら、業務上必要なマナーやスキルを教える形に変容しているようです。

新入社員の教育係や直属の上司は、できるだけコミュニケーションをとれる環境を作ることが重要です。挨拶を交わすだけでなく、1日の仕事を通して何を学んだか、失敗を次に活かすにはどうすればよいかなど、自分の体験談を交えながら深い話をするとよいでしょう。新入社員との相互理解を得る関係づくりをしているという意識を持ち、コミュニケーションをとりましょう。

新入社員に対して、「何かあったら相談して」という言葉は厳禁です。関係構築が薄いため、相談することそのものに心理的な負担が大きいためです。事前に連絡・相談・報告をするためのコミュニケーション方法を決めておくと負担が小さくなります。

指導を厳しくしすぎないよう注意が必要

今年の新入社員のもう一つの特徴として、望んでいる業界に入ったか迷いが生じているケースがあります。社会人として厳しい指導が必要なこともありますが、過度に追い込むことはせず、優しさを交えて話すようにします。

明治安田生命保険相互会社が新社会人に実施した「理想の上司」アンケートによると、男性の総合1位が内村光良さんとなりました。理由は「親しみやすい」「優しい」というイメージです。女性の総合1位は水卜麻美さんとなっていますが、やはり「親しみやすさ」がその理由となっています。

今年の新入社員は指導力やリーダーシップよりも、上司に優しさや親しみやすさを求めています。萎縮するほど追い込む指導は控えましょう。

個人の能力を引き出すマネジメントをする

今年の新入社員はデジタルネイティブ世代といわれています。昭和の組織文化に馴染みがなく、新しい価値観を持っています。古い価値観に取り込まれることを拒否する傾向が強いため、「会社のやり方に合わせろ」という姿勢は心の反発を招きます。

価値観を押し付けるのではなく、新入社員の考えを吸い上げて仕事にアプローチさせます。個性や考え方、能力を理解することで、「わかってもらえた」という信頼感が得られ、小さな信頼感の積み重ねがモチベーションを高めることに繋がります。上司や先輩社員は上からものを言うのではなく、新入社員が小さな成功体験をいくつも重ねられるようアドバイスするとよいでしょう。

オンラインで教育する場合の注意点

やむなくオンラインで研修や教育をすることもあります。オンラインの場合、全員に目が行き届かず、限られた新入社員に対してコミュニケーションをとってしまいがちです。全員と意識的に時間をとるためにも1対1のミーティング時間をとるとよいでしょう。

また、コミュケーションをとりやすくするため、チャットツールなどを準備することもお勧めです。グループ全員で不安や悩みを解消できる場を意図的に作るとより良い関係構築を目指せます。

まとめ

今年の新入社員教育は人間関係をいかに構築するかがポイントになります。コミュニケーションツールの確立、報告・相談・連絡の方法などのルールをあらかじめ決めておき、伝えておくのが望ましいです。個人に任せるのではなく、仕組みを用意して心理的な負担を小さくしましょう。

リモートで研修や教育を行う場合はルールを徹底し、個別の面談でそれが守られているかどうかの振り返りをする必要があります。一人ひとりの面談に長い時間をとるのではなく、短くこまめに接するのがコツとなります。

研修サービス比較はこちら