社内体制や職場環境の整備にかかわる業務をはじめ、他部門の業務をサポートすることも多く、「なんでも屋」と称されるほど、年中、忙しく動き回っている印象が強いのが総務です。その総務が、ちょっと一息つけるのが9月ではないでしょうか。それでも、9月中にやらなければならないこともありますので、やり残しが無いよう月末までに総務の9月の業務を整理しておきましょう。

少しのんびりできるのは秋風が吹き始める頃

総務がもっとも忙しくなるのは、新年度を迎える春先でしょう。新入社員への対応や役所関係への届け出、株主総会の準備など、それこそ猫の手も借りたいほど忙しくなり、総務に配属になったことを後悔する人もいるのではないでしょうか。

しかし、猛暑が一段落し涼しげな秋風が吹き始める頃になると、いつも多忙な総務にも、少し余裕が生まれてきます。夏に消耗した体力を取り戻すためにも、この余裕はうれしいものです。

ただ、夏から秋への季節の変わり目は、体調の変化に注意する必要もあります。社員の健康管理についての啓蒙活動を行うことも総務の役割で、9月〜10月にかけて健康に関するイベントなどを開催する企業もあるようです。

台風シーズンに備え防災訓練や防災設備のチェック

9月といえば台風シーズンでもあり、防災週間が設定されている月でもあります。国や地方公共団体から、安全管理のための防災対策を促す通知も届くでしょう。業務に少し余裕ができる9月に、防災訓練や防災設備のチェックなどを行っておきましょう。

また、ここ最近は、台風シーズンにかかわらず、集中豪雨による洪水や土砂崩れなどの被害も頻発しています。ハザードマップや避難場所の確認、さらに、帰宅困難になった場合の対応も対策しておかなければなりません。

総務担当者は、9月に業務が一段落するとはいえ、こなさなければならないものが数多くあるようです。

税務や労務に関する法定業務

9月が申告や納付の期限となる税務や労務に関する法定業務もあります。

まず、8月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付期限が9月10日で、7月決算法人の確定申告の法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税の納付期限は9月30日です。

決算時期によって、申告や納付期限はそれぞれ決まっていますので、国税庁やそれぞれの地域の税務署で確認しておきましょう。また、8月分の社会保険料の納付期限も9月30日です。

総務の仕事の面白さとやりがい

さて、春先に比べると、秋は比較的のんびりできそうな気がしますが、人事異動もありますから、異動に伴う挨拶状の用意や名刺の発注、さらに内定者に対する教育資料の準備、中堅社員の教育の実施なども、総務の大切な業務です。

1年を通じて、備品・機器の購入や福利厚生制度の整備、オフィス(建物)の管理、社内環境の整備などに加え、さまざまな業務を滞りなく進めていかなければなりません。

しかも、仕事の成果が数字で見える営業などと違って、ノルマもなければカタチとして実績を示すことができないのが総務の仕事です。

それだけに、派手なイメージのある部署ではありませんが、社内全体の雰囲気を把握することができる部署であり、会社という組織、あるいはそこで働く人間模様を俯瞰することもできます。そこに総務の仕事の面白さ、やりがいがあるのかもしれません。

まとめ

“なんでも屋”とも称される部署だけに、目的意識を強く持って業務に取り組まなければ、単なる“便利屋”で終わってしまうこともあるのが総務です。

でも、実は経営陣にもっとも近いポジションで、経営感覚を身につけることができる部署でもあるのです。様々な部署と関わることでビジネスパーソンとして成長できることでしょう。